みゆきシンクタンクのなみゅらー日記N

全国のみゆきちゃんファンの皆さんへ こちらは歌手の永井みゆきさんのファン 「なみゅらー」である私の応援日記です。

このブログでは永井みゆきさんの愛称を2014年末までみゅーちゃんとしておりました。
これはファンサイトで私が呼びかけ募集した中で唯一賛同票があった「ミュー」からきているものでしたが
まったく定着することもなく、2015年からはみゆきちゃんへ(笑)
もちろんみゆきちゃん中心のブログなのですがみゆきちゃんと共に
頑張っている若手歌手の話題もどんどん記事にしていきますよお~

チェウニの「修吾とみかのハッピータウン 」

今晩は7時から川野夏美ちゃんが南魚沼市の八海山神社ってところのお祭りで
歌ったのですがちょっと家庭の事情で遠出出来なくなり行けませんでしたよお。
ちょっと新潟市からは遠すぎるよね。
新発田のジャスコにチェウニ会長が来る情報もありましたがこちらもダメで残念。

川野夏美ちゃんもチェウニさんも「土曜ヘッドライト」のコーナー
「フォーエバーグッドミュージック」でみゆきちゃんとコンビを組んでいたのです。
最初はチェウニさんと毎週のコンビだったのですが途中から月一回となり
代わりに夏美ちゃんとのコンビとなりました。
以来月一回に巡回してくるチェウニさんは会長~とみゆきちゃんに呼ばれることとなったのですよお。

午後からなにげなくBSNラジオを聴いたらイオン新発田ショッピングセンターから
「ミュージックポスト 修吾とみかのハッピータウン」を生放送していた。
ガ~ン生放送なのかあ。てっきり公録と勘違いしていたんだなあ。
修吾とみかとは大倉修吾さんと佐々木美佳子アナのこと。

ゲストのチェウニ会長は会場入りしてから最初にぜんざい?を食べたらしい。
あずきが好きなんだってさあ~。

大倉さん達と会場のお客さんがじゃんけんして勝つとプレゼントする企画もやったが
新発田の人はじゃんけん弱いようだ。
大倉さんがグーを出し続けても、疑い深いのかな?
とうとう自称じゃんけんに弱いチェウニ会長も担ぎ出したが
一敗しかしなかった。(曝)

チェウニ先生による韓国語講座もやっていた。

チェウニ会長といえばデビュー当時の東京シリーズも話題になったなあ。
「トーキョー・トワイライト/東京の枯葉」
「Tokyoに雪が降る/トーキョー・ムーンライトセレナーデ 」
>「星空のトーキョー/トーキョー・マイラブ」
西島三重子さんの「池上線」のカバーもよかったし
新曲「とまどいルージュ 」は東京シリーズを彷彿させる曲調。
とまどいルージュ

次回は9/17のゲストは誰かな?あさみちゆきちゃんもいいなあ

恐るべし南かなこ

はやくもかなこちゃんの事務所のHP「南かなこウェブ通信 」http://www.sachiko.co.jp/kanako/
に新潟キャラバンの模様がアップされていた。
早いなあ~翌日の佐渡は雨だったけどうまくいったのかな。
大倉修吾さんかと思ったら知らない人が写っているのですが?
それにしてもまさにミニ小林幸子と言ってもいいタレント性だったなあ。
明るく楽しくよくしゃべる。へたなお笑い芸人よりできる娘って印象です。
「かなこの浜っ娘ソーラン」はNHK「歌謡コンサート」にひとりで
「BS日本のうた」では「夜桜金魚とまこまいlove is 熱帯魚」との共演で
すでに披露されていますがバンドの演奏ではちょっとテンポがゆるくなります。
キャンペーンなどでテンポの速いカラオケでは踊りながら歌うのは厳しいのですがまだまだ若いんだねえ~かなこちゃん、よさこいソーラン祭 に出場しただけのことはあります。流石やのう~(笑)

前作「人恋岬」ではカラオケおばちゃま層にもそこそこ食込めたかなこちゃんが
今やっていることは全国に種をまいているようなものなのです。
しかも踊れる若い層にアピールしていることは歌謡界の将来をも見据えた戦略としても評価できると思います。
もっかラジオでも「走れ歌謡曲」をはじめいくつかレギュラーがあり、
近い将来コロムビア演歌は氷川、南の大車輪も夢ではないでしょうね。
かなこの浜っ娘ソーラン

続きを読む

南かなこの「ミュージックポスト」

南かなこちゃん今朝のBSNラジオ「ミュージックポスト」生出演でしたよお。
昨夜の民謡流しで足パンパンのかなこちゃん登場です。
昨日のあのステージの後さらに大倉さん達の祭りの打ち上げ?ホテルで歌っていたらしいです。
大倉さん曰く根性いい娘かなこちゃん「居酒屋サンバ」の歌唱です。
コロンビアレコードのまつもとゆかりさんも登場。
のりちゃんといたもうひとりのかわいい娘ですね。(若い!22歳)
かなこちゃんの性格の良さに一生ついて行きたくなる人って
言ってました。
佐渡銘醸の社長さんが甘酒と生酒のアピールにいらっしゃいましたので
甘酒をひっそり?いただき「すっごい美味しい飲みやすいですう」
ブラジルにはピンガってお酒があるって
かなこちゃんの「人恋岬」の歌唱です。
佐渡銘醸の社長さん素敵な歌ですヒット間違いないでしょうって(大汗)
沖縄の自然食品店のアピールで黒糖の試食
大倉さんが昨日もらったラッキョの試食でむせちゃいました。
「かなこの祭りだワッショイ」無事歌えましたよお(笑)
かなこちゃんの得意料理はカレーなんだって
上越市と新潟市からメール2通が読まれ(内一通は私)
ラジオ「かなこの歌めぐり風だより」の話題の後
ラストは「かなこの浜っ娘ソーラン」でしたよお。

かなこちゃんしゃべり足らなかったようですが
大倉さんはとても気に入ってくれて
弦さんと一緒に番組に呼ぶプランも言ってました。
本当かは怪しいのですが来年7/16に
かなこちゃん出演決定だそうです。

かなこちゃんの新潟のステージはおととしの胎内温泉祭り以来だけど
今回は大倉さんの名前は出したが地元の大先輩小林幸子さんの名前を
出さなかったなあ。
そのあたりでも順調に成長してきているのがわかるね。

南かなこin新潟祭りだワッショイ

今晩南かなこちゃんが新潟まつりの大民謡流しでBSNチームとして
踊るということなので早速観に行きましたよお(笑)
かなこちゃんの事務所HPのスケジュールによると当日はBSNテレビの
「イブニング王国」にも出演とのこと
帰宅してから録画を観るとクイズに答えて正解した人に
代わってハッピのかなこちゃんダーツをしていました。
ちなみにクイズはかなこちゃん出身の国はスウェーデンはブラジルかです。
ダーツはこしひかり10kgを当ててました。
新潟市は夕方から大雨が降り
PM7時から予定通り民謡流しができるかどうか微妙だったのですが
開始の頃にはすっかり止んでました。
かなこちゃんは晴れ女だなあ(笑)
その前PM6時からかなこちゃんは古町でステージをやったようです。
私がPM7時半頃に柾谷小路の東堀に着くと丁度BSNのノボリが目に入りました。
新潟まつり

ばっかいいタイミングらことお~。
例のハッピのかなこちゃん先頭の方でたくさんの書き込みの入った南かなこノボリと共に踊ってました。
かなこのぼり


かなこちゃんスタッフはかなり若いです。
イケメンの兄さんとかわいいお姉さん二人。内ひとりがマネージャののりちゃんなんだね。
写真は何枚か撮ったけど踊ってるところはやはり難しいなあ。
おっと休憩だあ。
かなこちゃんメガホンスピーカーで自己アピールです。
次の休憩ではかなこちゃんビール飲んどる?
よくみたらウーロン茶みたいな?
かなこちゃんの付近にはカメラを構えた兄さん達と
例の謎のサイン帖姉さん、爺さんコンビが
イケメン兄さんに確認したらこの後古町6の北越銀行の前でまた歌うって
話なので腹ごしらえをして待つことに。
かなこちゃん達は終了よりちょっと早めに北越銀行の前に来て
最後の新潟甚句の前に音声調整を始めたのですが
ちょっと早過ぎたみたいで祭り関係者らしき人に注意されてました。
まあ若いスタッフだからドンマイドンマイ。
最後の踊りの終了と共に「かなこの浜っ娘ソーラン」のカラオケが
流れイケメン兄さんのMCで呼びかけが始まりました。
いまひとつの集まりだったのですが
かなこちゃんの「かなこの祭りだワッショイ」を歌い始めると
若い人達が集まりだしました。
女の子のかなちゃんコールも
続いてずっと待機していた新発田のよさこいドラゴン?
のお母さん子供さんとお姉さんをかなこちゃんが紹介して
(司会いらない娘だなあ)
よさこいドラゴンとの共演で
「かなこの浜っ娘ソーラン」カッコ良かったあ~
投げキッスも決まったあ~。
この後CD即売会なのですが?テーブルもなく
紙袋からCD取り出して販売です。(おいおい)
よさこいドラゴンの子供達とか高校生くらいの女の子
がCD買ってましたね。
もちろん私も買いましたよお。(笑)
かなこちゃんの「かなこの浜っ娘ソーラン」は若い人が買います。
これって凄いことだと思いませんか?

雨の寺泊サマーフェスティバル 島倉千代子、上杉香緒里

寺泊サマーフェスティバル2005
上杉香緒里ちゃんが島倉千代子さんと出演されるので
行ってきましたよお。

上杉香緒里ちゃんは地元の新潟の吉田町出身なのですが
お父さんは寺泊出らしいです。

私が会場のみなと公園に到着した時に
ちょうど音合わせ後の香緒里ちゃんを乗せた
BSNの車とすれ違いました。
青い私服でメガネだったのでちょっと気づくのが
遅れて慌てて追いかけて手を振ったのですが
あ~んこっち向いていない(泣)
平舘哀歌色紙

会場で香緒里ちゃん追っかけ応援の方たちと久々に再会できました。
石丸新潟店のキャンペン以来かなあ。
上杉香緒里ちゃんの追っかけ応援の方たちは
若手女性演歌歌手の追っかけの中でも抜き出て素晴らしいサポータです。
まるでJリーグのアルビレックスサポータのようです。
香緒里ちゃんコールで
香緒里ちゃんをノセテあげたいのだそうです。
香緒里ちゃんもコールがないと歌い辛いのだそうです。
最初は恥ずかしかったそうですよお。
次は司会の方と会話している時はやらないとか
ナレーションにかぶせないようにとか
タイミングやルールもきちんと図っています。
一際目立つピンクの香緒里ちゃんジャンパーは
夏はピンクの香緒里ちゃんTシャツにピンクのハッピなんですね。
やっぱり暑いもんね(笑)

フェスティバルはBSNの人気者大倉修吾さん、伊勢みずほさんの司会でした。

寺泊の人達の太鼓やフラダンス、よさこい踊りに
群馬の八木節の方たちや浅草の太鼓コンビ
Dodan-PAのパフォーマンスに地元出身で
レギュラーの天領さとみさんの歌で始まりました。
続いてスペシャルゲスト一人目として
香緒里ちゃんが「海峡越えて」で登場
淡いピンクの着物でしたね。

ご祝儀の嵐の後
「地元ですからこんなにたくさんいただけます」って
香緒里ちゃんYAWARAスマイルで喜んでましたね。

続いて寺泊町長さん達の憧れの青春スーパーアイドル
島倉千代子さんが「恋しているんだもん」で登場です。
やっぱりほんわかした方なんですねえ~(笑)
こちらにきてたくさんのおいしい海の幸をごちそうに
なったそうです。

香緒里ちゃん村上幸子さんの名曲「不如帰」で再登場です。
今日も香緒里ちゃん独特の
中高音が伸びこぶしも効いています。
続けて今がんばっている「平舘哀歌」を歌って
香緒里ちゃんのステージは終了しました。
平舘哀歌

地元と各地からいらっしゃった香緒里ちゃん
ファンの方たちの合同コールも
ペンライトの演出も良かったです。
ところが香緒里ちゃんのステージの頃からポツポツと小雨が落ちだし
次の島倉千代子さんのステージでは大粒の雨から雷まで光だしステージは途中で中止になってしまいました。
フィナーレで香緒里ちゃん再登場だったはずなので
皆さん不完全燃焼でしたね。

お千代さんは再登場で傘をさしながら
「この世の花」「からたち日記」「東京だョおっ母さん」
を歌われたのですが終始雨で濡れる観客の皆さんを気遣ってました。
「こんな雨の時に歌うのは初めて」の
お千代さんの雨中の熱唱には観客みんな感激して
「この歌で皆さんをお見送りします。気をつけてお帰りください」
最後の「人生いろいろ」には私もずぶ濡れになりながらいろいろ~コールしていましたよお。

新曲「ちよこまち」も聴きたかったなあ~。
ちよこまち

TV放映は8/14(日)PM4:00~
アーカイブ
  • ライブドアブログ