みゆきシンクタンクのなみゅらー日記N

全国のみゆきちゃんファンの皆さんへ こちらは歌手の永井みゆきさんのファン 「なみゅらー」である私の応援日記です。

2007年01月

このブログでは永井みゆきさんの愛称を2014年末までみゅーちゃんとしておりました。
これはファンサイトで私が呼びかけ募集した中で唯一賛同票があった「ミュー」からきているものでしたが
まったく定着することもなく、2015年からはみゆきちゃんへ(笑)
もちろんみゆきちゃん中心のブログなのですがみゆきちゃんと共に
頑張っている若手歌手の話題もどんどん記事にしていきますよお~

春待ち花は桜前線とともに 「ひるの散歩道」 大石まどか

NHKラジオひるの散歩道
本日のゲストはみゅーちゃんと同期デビューの
大石まどか さんです。

北海道函館出身のまどかさん
今年の函館は雪もなく暖かいそうで
アメダスでは今日は雨の情報に
この時期に雨とは嘆いておりました。

函館にはプライベートで年1,2回帰るそうですが
今年は正月に帰れず雪が恋しいそうです。
逸篇草子~熱き血汐~
15周年記念アルバム逸篇草子~熱き血汐~より

1曲目忍び里~恋文~古今集・新古今集より

冬の嵯峨野が舞台だそうで代表曲のひとつ忍び里
大幅にアレンジされ和歌も入って聴き応えのある作品になっていますね。

プライベートでのぬいぐるみのような愛犬の話しに
散歩が大変なんだそうです。
家にはさらに猫も2匹(笑)

2曲目なさけ舟

新曲カップリングです。
新曲と反対にしっとりとした感じの曲ですね。

去年15周年を迎え上京してから17年になるまどかさん
今年は新曲タイトル春待ち花から桜のイベントに参加する企画だそうで
すでに沖縄名護の桜祭りに参加、5月の函館の桜まで
全国を桜前線とともにキャンペーンするそうです。
名護では観光もされたそうで
ソーキそば、島らっきょのキムチ漬けが美味しかったそうです。


3曲目新曲
春待ち花
春待ち花
「逸篇草子~熱き血汐~」からのシングルカットです。
弦さんの幸せメロディーがまどかさんのキャラにピッタリですね。

今回まどかさんはひとりでゲスト出演でした。
これはまどかさんが15年周年を迎えて
ようやく認められたからなのでしょうか?
(みゅーちゃんの次の出演の時には期待しちゃいます。)

うれしいことにまどかさん来週歌謡コンサート
早くも新曲披露となるそうです。

少しずつですが何かが変わってきていますね。NHKさん!


まどかさんのこちらの話しも聞きたかったなあ~
http://www.daily.co.jp/gossip/2007/01/28/0000227325.shtml

♪花嫁~の~れ~ん~

毎週土曜日放送のTV番組朝だ!生です旅サラダ

麻丘めぐみ さんが石川県・能登半島を旅する内容でした。
演歌界注目の金沢が出るかなとか思って観ていたのですが
七尾市の一本杉通りでの花嫁のれんに目が釘付けになりました。

花嫁のれんとは
娘を嫁を送り出す親が色鮮やかな暖簾を嫁ぎ先に持たせ
当日には嫁ぎ先の家の仏間にかけ花嫁がくぐり式が始まるという
昔からの風習で地元では「花嫁のれん展」も開催されているようです。

きもの処 森善HPより
http://ww3.et.tiki.ne.jp/~morizen/hanayomenoren/hanayome01.htm
“加賀友禅花嫁のれん”
「娘の幸せを託して、生家の紋を染め抜き、
嫁ぐ娘に持たせる花嫁のれん。
それは、慈しみ育てあげた母の願いであり
優しい心遣いでもある。
鮮やかな色で描かれたおしどり、花車などのおめでたい絵柄に、
華やかな喜びが息づく。
新しい門出に夢膨らませて花嫁のれんをくぐる時、
晴れの日にふさわしい女の幸せが待っている・・・。」

暖簾も素晴らしいのですがなんと素敵な風習なのでしょう!
私の思うみゅーちゃんの歌の題材に
ぴったりではあ~りませんか~!

「花嫁のれん」
う~ん響きもいいしタイトルとしてもいいですね~

♪花嫁~の~れ~ん~
う~ん曲もつけやすいかも
(も~自画自賛です)

これやこれこれこれっきゃない!
テイチクさん~お願い!このプラン本気で考えてね~(笑)

披露宴演歌はタイトルが命

必要に迫られて歌うカラオケとして
結婚披露宴とかで歌われる歌って少ないですよね。

演歌ならなおさら

すぐに思い浮ぶのは

男性なら
祝い船門脇陸男さん
娘よ芦屋雁之助さん
夫婦春秋村田英雄さん
花も嵐も山本譲二さん
ってところかな?

女性なら
瀬戸の花嫁小柳ルミ子さん
時の流れに身をまかせテレサ・テンさん
祝い酒坂本冬美さん
二輪草川中美幸さん

他にもいろいろあるのでしょうけど

若手なら
だいじな人だから林あさ美ちゃん
ふたり舟岩本公水ちゃん
とか

みゅーちゃんの大阪やどりもいいけどは
タイトルがなあ~
そうブライダルソングはタイトルのウエイトも大きいのです。
おめでとう・おふたりで・お幸せに・頑張ってね!って感じかな?

みゅーちゃんにも結婚披露宴とかで
女性に歌われるような歌があるといいなあ~と思っていたら
ある日TVに気になるモノが映りました。

故郷朝日で熱唱!「デビュー1周年記念コンサート」朝日奈 希

遅れましたが先日の希ちゃんのステージレポですよお

朝日奈 希ちゃんのデビュー1周年コンサートに
朝日奈希1周年
朝日村文化会館まで行って参りました~

司会は今回も今村美恵子さん

実はちょっと家を出るのが遅れて
着いた時にはもう開演していたのです。
当日券だったのですが
2階席がひとつ残っていました。
ラッキー♪

席につくと
青い振袖の希ちゃんが今村さんと話していました。

すでに 
1曲目で新曲故郷の磐越西線を歌っていたようです。

2曲目新曲小雪
歌謡曲って感じかな

3曲目新曲恋する踊り子
ちょっとノリのいい明るい感じの曲です。

4曲目海鳴りの詩
5曲目漁歌
希ちゃん若さあふれる力一杯の歌唱です。
ちょっと力み過ぎかな?
ここで衣装替えです。

後援会の方々の紹介で
朝日村から村上、山北、荒川、胎内に山形酒田にも支部があるそうです。
現在後援会のメンバーは580名程とか
凄いなあ~

ピンクのジャンパーの後援会の皆さんをバックに
希ちゃん緑ドレスで再登場です。

6曲目明日があるさ

大空会の踊りとビューティペア(ジャガー縦田?斜め田?)を挟んで

希ちゃん緑の振袖で再登場
7曲目津軽海峡冬景色
8曲目「?」 

想い出の曲メドレーで握手

9曲目晴山さおり さんの一円玉の旅がらす
ステージでは懐かしい振り付けも
保育園の時で歌っていたそうです。

10曲目みゅーちゃんの大阪すずめ
♪大阪すずめ~で悠久山お花見ちびっ子歌合戦優勝しました。
席に下りてお客さんと握手です。

11曲目小林幸子さんの雪椿
マイクが遠くなりすぎて音声が

12曲目岩本公水ちゃん夜祭り途切れ途切れで
今村さんよりステージに戻れと指示が(笑)

13曲目林あさ美ちゃんつんつん津軽らっせら~らっせら~
NHK「のど自慢」で鐘を鳴らしました。

会場には保育園時代の先生もいて希ちゃんうれしそう

14曲目空に太陽がある限り
♪愛してる~

希ちゃんが下がりピアノが出てきました。
希ちゃんには可愛い妹さんが二人います。
ドレスの次女まなみちゃんと三女のみさとちゃんが出てきました。
まなみちゃんは背が高いですね~。
赤いドレスの希ちゃんも参加

まなみちゃんのピアノでみさとちゃんがハモッテ
希ちゃん15曲目なごり雪
三姉妹のアカペラで16曲目故郷

17曲目キム・ヨンジャさんの
熱い河
このコンサートで一番印象に残る希ちゃんの歌唱でした。

18曲目お世話になっている大倉修吾さんの
友よ

会場がざわつきました。予想通り2コーラス目からは
ゲストの大倉さんが登場!歌われました。
「友よ」はやはり名曲ですね~希ちゃんの歌唱でよーくわかりましたて
希ちゃんピンクのドレスに着替えてきました。

19曲目大倉さんとデュエット
ふたたびの恋
(大倉さんはこの後親父の詩」「俺の娘も歌いました)

大倉さんより今年の3月いっぱいでミュージックポストの終了の告示が
詳細はわかりませんが大倉さんは金曜日だけ放送の番組となるそうです。
おそらく番組の名前は残すのでは?

大倉さんのナレーションで希ちゃん再登場
20曲目瞼の母
赤と黒の振袖で熱唱です。
山口ひろみ ちゃんの感動の涙の歌唱も聴いた事があるのですが
希ちゃんも希ちゃんなりによく頑張っています。
こんな歌も歌えるんだね~

21曲目大好きな歌大器晩成

舞台から大倉さんも去ってプログラム最後の曲
希ちゃんの歌唱が乱れます。
客席から頑張って~の声援が飛びます。
涙声の歌唱となりました。
緞帳が下り拍手喝采でアンコールの声

22曲目アンコールに応えて
故郷の磐越西線
故郷の磐越西線
朝日村の方々に県内外からのお客様達の
朝日奈 希ちゃんをなんとか大歌手にという熱い思いの
コンサートでなみゅらーの私はちょっとうらやましくなりましたよお。
続きを読む

スポーツ新聞記事から

夏川りみJポップス熱望で独立,4月から休養へ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/01/24/06.html
http://www.daily.co.jp/gossip/2007/01/23/0000223183.shtml

びっくりしましたね~
涙そうそうで歌謡曲・演歌~Jポップスファンまで幅広い支持を得て
独自の島唄ジャンルを作り上げたりみさんだけに不思議な気がします。

ちょっとNHK新人歌謡コンテストでグランプリを獲って
紅白で「花」を歌った石嶺聡子さんが脳裏に浮かびました。
あの時私がいるを歌っていたらどうなっていたのかな?
アーカイブ
  • ライブドアブログ