みゆきシンクタンクのなみゅらー日記N

全国のみゆきちゃんファンの皆さんへ こちらは歌手の永井みゆきさんのファン 「なみゅらー」である私の応援日記です。

2014年06月

このブログでは永井みゆきさんの愛称を2014年末までみゅーちゃんとしておりました。
これはファンサイトで私が呼びかけ募集した中で唯一賛同票があった「ミュー」からきているものでしたが
まったく定着することもなく、2015年からはみゆきちゃんへ(笑)
もちろんみゆきちゃん中心のブログなのですがみゆきちゃんと共に
頑張っている若手歌手の話題もどんどん記事にしていきますよお~

阪神4位転落

バカアホまぬけ!板付き蒲鉾!

美人になって帰ってきました 「フライデー歌謡曲」永井みゆき 2014.6.27

“今晩は高橋まさかずです。”
“今晩は永井みゆき です。”
“今夜はテイチクレコードの永井みゆきさんと一緒に
お送りいたします。30分間宜しくお願い致します。”
“宜しくお願いします”

OP まずは島根から山陰のャンペーンの話から

デビュー当時から伺っていて
ショッピングセンターやカラオケ教室・カラオケ喫茶
カラオケ喫茶とかは多く、先生も沢山いらっしゃるそうです。

今回久しぶりで昔の写真とかも持ってきてくださったり
凄く嬉しい半面、時々恥ずかしいことも
“若いなあ~て感じで”

デビュー当時はほとんどお化粧なんかしてなかったし
髪もストレートにおろしていたとみゅーちゃん

今夜の1曲目5/21発売の新曲
上杉香緒里さん「居酒屋ほたる」
居酒屋ほたる居酒屋ほたる
(2014/05/21)
上杉香緒里

商品詳細を見る

時期的に雨女の話へ
雨女のみゅーちゃん、香緒里ちゃんとのステージで
雨に降られた記憶はないようで
ひょっとして香緒里ちゃんは晴れ女かもって

晴れ男の先輩とみゅーちゃんとのステージでは
先輩の歌う時は晴れ、みゅーちゃんが出ていくと
雨になんてことは何回もあるとか

雲がなかったのにみゅーちゃんが歌いだすと
どかからか雲が沸いてきて
雨が降るって

でも最近は「雨の木次線」を歌うようになって
ステージまでは降っても歌いだす頃には
上がるのでひょっとしたら雨女でなくなったかも知れないと
みゅーちゃん

何年かしたら今度は晴れ女と言われるかもと高橋さん

高橋さんは晴れ男なんだとか

ここから関東方面のキャンペーンの話に
埼玉、群馬に新潟

埼玉の方ではマネージャさんのお母様の実家が近くだとかで
サイン会では何故かマネージャさんと同じ名前の方が大勢
ずっと同じ名前を書いていたそうな

新潟では時あやこ さんという方に
これまでも何回もゲストに呼んでいただいていて
今回20周年記念コンサートとうことで
森山愛子ちゃんと一緒に出演させていただいたとみゅーちゃん。
時さんは「大阪すずめ」が大好きで、
毎回一緒にステージで歌ったり、
ザ・ピーナツさんの歌をデュエットしたりと
いつも凄く良くしていただいてるそうです。

恩師の作詞家のたかたかし先生は新潟の新発田のご出身で
新潟にはご縁があるとみゅーちゃん

新発田には加治川という川があって、たか先生がそこに桜並木を復活させようということで
都はるみさんとか細川たかしさんとかたくさんの歌手の方の桜が植樹されて
永井みゆきという桜も植えていただいたそうです。

新発田の月岡温泉は美人の湯で知られていて
お湯は珍しいエメラルドグリーンで
ひとつのお湯で色んな色に見えるのだとか

高橋さんの“そこに行くと集まってくる人皆美人?”に答えたみゅーちゃん
“美人ばっかりですね~私も美人になって帰ってきました(笑)”

東京演歌ライブでは
和田青児さんと多岐川舞子さんと黒木姉妹さんと水城なつみさんと
ご一緒させていただいたそうです。

青児さんとは昨年鳥取のお仕事の際
何か美味しいものをと誘っていただいて
マネージャーさん達も一緒にお食事に
岩牡蠣にしろいかとかで
青児さんは熱燗でぐいぐい、
注ぐのが好きな、みゅーちゃんは注ぎまくって
自分は冷酒をいただいてたそうです。


よく歌手の方は地方に行って美味しいものを食べられていいですねと言うと
そんな時間はなくて仕事終わると直ぐに帰るのでと答えるけれども
結構上手く時間を使ってますねと高橋さん

“私は時間がある時は結構行った土地の美味しいものをいただきます。(笑)”

2曲目永井みゆきさん2002年発売「雨おんな」
永井みゆき2014年全曲集永井みゆき2014年全曲集
(2013/11/20)
みゆき&舞、永井みゆき 他

商品詳細を見る


プロ野球交流戦も終わって
今晩の野球の話題はマー君ことメジャーリーグの田中将大投手

“凄いですね~今ニューヨークヤンキースで1年目から大活躍ですもんねえ”

ボールも色んな環境も違うのに

“あの活躍を観ると元気をもらいますけど”

でもみゅーちゃんはマー君は高校野球の時の
斎藤祐樹投手と決勝で2日間投げ合った時の印象が強く

この試合は空港で観ていたのだとか
もうどっちも勝って欲しいと思っていたそうです。

勝った早実の斎藤投手は当時ハンカチ王子と呼ばれ
“汗をハンカチで拭いて、なかなかああいう方いないですよね”

マー君は雪国で冬はなかなか外で練習出来なかったものの
その冬のトレーニングが今、活きていて
夏の甲子園の決勝で敗れたことも反骨精神になって栄養になっているのでは
と高橋さん

150キロの速球の野武士的なマー君と丁寧にコントロールよくスマートで対照的
斎藤投手は大学に行かれましたがマー君は真っ直ぐプロへ進み
日本一に貢献、タイトルも4冠、ギネス申請の記録も3っもあるそうです。

これからも楽しみとみゅーちゃん

3曲目永井みゆきさん新曲「雨の木次線」
雨の木次線雨の木次線
(2014/04/23)
永井みゆき

商品詳細を見る


これからの関西キャンペーンの告知

カラオケ伝言板を5名様にプレゼント
7/4到着分まで
みゅーちゃんのコラム今回は
お龍さんの墓参り

“フライデー歌謡曲 ここまでのお相手は”
“永井みゆきと”
“高橋まさかず でした。永井さん次回の登場は7/11のこの時間です。
それでは”
“さようなら”
続きを読む

婚活うさぎ組の女子力?

カラオケ伝言板」の最新号

今回のみゅーちゃんのコラムはお龍さんのお墓参りと横須賀のお話でした。

さて、このコラムでみゅーちゃんは
たこ焼きや、手作りチョコを久しぶりに作ったようなのですが
みゅーちゃんの料理の腕前は果たして?

先日放送のBS12「唄声チャチャチャ
金沢明子さんと大城バネサちゃん司会の番組ですが

青い洋服の上杉香緒里ちゃんがゲストでした。
新曲の話の前に結婚相手の条件について語ったのですが

「料理のレパートリーが少ないので
何も言わず何でも食べてくれる人」だそうで

何気ない一言ではありますが
私はそれなりに料理は作れますよとしっかりPRしております。

文句をいう人には食べさせたのかな?
とも受け取れますが

そして、山口ひろみ ちゃんですが
最近ブログで手料理を公開してましたね~
確か前見た時はサラダだけ(多分ウケ狙い)
だったと思うのですが
今回お味噌汁もついて
私もこれくらいの料理はできるとPRしております。

また、沢山作りすぎたとのコメントが
♪もしかしてだけど~と思わせたり

で、みゅーちゃんですが
これまでの料理で私の記憶にあるのは
あなモニのゲストの時に差し入れした水茄子の漬物の炒め物?
(作ったのが本人だったかお母様だったかは忘れてしまいました)

そしてうどんを色々な食べ方をするっていうことで
とりあえず、うどんは作れるようですが
(うどん屋さんの体験取材もあったしね~)

でも二人の上をいくにはとりあえず
酒の肴あたりから攻めて関東煮あたりかなあ~

さりげなくPRして欲しいところですて

居酒屋ほたる居酒屋ほたる
(2014/05/21)
上杉香緒里

商品詳細を見る

続きを読む

ふたりの「ふたり酒」

BSジャパン
徳光和夫の名曲にっぽん昭和歌謡人」にみゅーちゃん出演ということで
楽しく拝見しました。

この番組もちろん司会は徳光さんなのですが
アシスタントは

OH!あさみちゆき ちゃん

すました顔してどこの局アナかと思いましたて~(笑)

ゲストは細川たかし さんと福田こうへい さんの民謡系のお二人と
間に挟まれて永井みゆき さんと

このポジション画面上は絵としてはいいのですが
みゅーちゃん精神的に気を使う位置だったかも知れませんね(笑)

さて、番組は各持ち歌と新曲を披露

みゅーちゃんは新曲雨の木次線」を徳光さんのナレ入りで歌唱

まさかここで雨女と言われるとは(笑)


それから各歌手の人生を変えた特別な1曲や尊敬してやまない憧れの歌手を語る
“マイフェイバリット"のコーナーがあるのですが

細川さんはクラブ歌手時代の思い出話と奥様とのなれ初め話
着物の女性が好きだったそうで隣のみゅーちゃんを
見ながら語りました(笑)

歌は内山田洋とクール・ファイブの「噂の女」を細川さん流に歌われました。

福田さんは地元で有名な民謡歌手のお父様の話
最初反発もあってシャ乱Qとか歌っていられたそうで
民謡は20代になってから始めたのだとか
へ~っ
遅く始めたのは細川さんと似ていますね

みゅーちゃんは4歳の時おばちゃんに教わって歌った
川中美幸さんの「ふたり酒

この時のカセットテープが残っていて
スタジオでも流れましたが可愛い声で
やはりちょっとこぶしもかかってたみたいです。(笑)

中学3年生でこの歌の作詞のたかたかし先生の内弟子に
先生にテープを聴いてもらったら
やはり縁があったのかなあと涙ぐんだとか

みゅーちゃんは川中美幸さんの秘蔵映像のとのリレー歌唱

最近はお着物が多い川中さんも当時は洋服でしたね~
川中さん1番歌唱の後の2コーラスをみゅーちゃんが歌いました。

キーはどうなんだろう?みゅーちゃんにはちょっと低めかな

番組は他にあさみちゆきちゃんが
ギター持参でお店にリクエストを歌いに行くコーナーに

細川さん&福田さんのコラボレーションで「望郷じょんから」の特別企画も

まず福田さんが歌い始めて途中から
細川さんへバトンタッチ
ラストは二人で歌う構成

福田さん流石にいい声ですが
やはり細川さんの方が数段上手(うわて)ですね
盛り上げながら歌い方を段階的に変えていってるんですね~
凄いなあ~


という訳でベテランと若手の競り合いは
おそらくトーク中にも多少はあったと思われるのですが
みゅーちゃん間に挟まれて大変だったかも

初めての一人旅? 「坂井隆夫のほのぼの歌謡曲」 永井みゆき

ほのぼの歌謡曲にみゅーちゃんゲストということで聴きました~

今朝のゲストは永井みゆき さん

ご挨拶の後
まずは1曲目前作「恋路ヶ浜」から

恋路ヶ浜恋路ヶ浜
(2013/04/17)
永井みゆき

商品詳細を見る


“もうどのぐらいこの番組に来ていただいているでしょう”
“いつもありがとうございます。”

新曲「雨の木次線」も「恋路ヶ浜」も一人旅の歌

最近一人旅の歌が多いことから

みゆきちゃんが一人旅したことがない話題に

例えば10万円あったらどこへ旅するのか
坂井さんに聞かれたみゅーちゃん

まずは伊豆、温泉が好きだからだそうで
次が熊本の黒川温泉、
九州は湯布院、別府も行ったようです。

温泉に入ると鼻歌が多いとみゅーちゃん

鼻歌にされるような歌になればいいですねと新曲の話題へ

木次線
お母様がこちらの方の出身で
子供の頃は毎年出雲の方へ帰って
初詣は出雲大社

今は岸和田で岸城神社
今年は準備していた新曲のヒットと結婚を祈願

どうゆう男性がタイプなのかと聞かれて
いつも通り“お祭り男”と答え

カップリングも坂本龍馬の奥さんの
お龍さんを主人公に歌っていて

出雲も縁結びの神様ということで
いい出会いがありますように

“毎年言ってますけど”とみゅーちゃん

カップリング「お龍恋唄」の話に

坂井さんはお龍さんが横須賀にいたのは初耳のよう

龍馬さんが亡くなられてからあちこち転々として
最後横須賀に30年程住んでらしたとみゅーちゃん

“お墓もあって先日お墓参りをさせていただきました。”

2曲目新曲カップリング「お龍恋唄」

新曲「雨の木次線」は詞は佐藤史朗先生
曲は弦哲也先生

弦先生は弾き語りでデモを作るようで

先生の歌はいつも素晴らしくて
歌い方とか勉強になるとみゅーちゃん

デモは何度聴いて
歌詞も何度も読んで
準備するようです。

佐藤先生は木次のご出身
清水博正君の「哀愁の奥出雲」が故郷第一弾
第二弾が今回「雨の木次線」

歌詞の出てくる亀嵩は
松本清張の「砂の器」の舞台

「カメダ」という言葉がキーワードだったと坂井さん

中居さんのドラマで観たというみゅーちゃん

坂井さんは最初本で読んでそれから映画を観たそうで
“名作中の名作でしょう”

東北弁に聞こえたのが
実は亀嵩のなまり

みゅーちゃんのお母様の故郷も出雲市の山の方で
なまりは ありがとう→だんだん とか凄くカワイイそうです。

新曲イメージは子供の頃の出雲のイメージがすぐ浮かんだそうで
木次の桜まつりや横田でも歌ったことがあって
木次線が後ろを走っていて
でも乗ったことはなかったのだそうですが
先日の木次桜まつりの時に乗ることができたとみゅーちゃん

歌詞は横田、亀嵩、三井野原ですが
駅は亀嵩、横田、三井野原の順で
木次から横田までしか行けなかったそうです。

三井野原は西日本で一番高い所にある駅で
おろち号というトロッコ列車も走っていて

大歓迎で佐藤先生とお母様方の親戚の皆さんも
大勢来られたとみゅーちゃん


レコーディングは

最初は軽い明るい感じから
重く、語る感じを入れて
出来上がりは「大阪すずめ」の雰囲気もある曲に

歌唱ポイントは歌詞は切ない女性の一人旅
曲調は電車に乗ってるような心地よいリズム
重くなりすぎないようにノッテ歌う
特に“滝の瀬音を聞きながら”のフレーズの部分
ノッテ軽く歌うそうです。

“私の母の故郷を舞台に歌わせていただいております。
永井みゆきで「雨の木次線」聴いてください”

3曲目新曲「雨の木次線」
雨の木次線雨の木次線
(2014/04/23)
永井みゆき

商品詳細を見る


今後のキャンペーン等はHP こぶしdeねっと でご確認を

”先日木次線に乗せていただいて映画の中に入っていくような
凄く素晴らしい景色で、ぜひ皆さんに木次線に乗りたいなと
思っていただけるように心込めて歌っていきたいと思います
「雨の木次線」宜しくお願いします。”

”永井みゆきさんでした。ありがとうございました。”

”ありがとうございました。”
続きを読む
アーカイブ
  • ライブドアブログ