みゆきシンクタンクのなみゅらー日記N

全国のみゆきちゃんファンの皆さんへ こちらは歌手の永井みゆきさんのファン 「なみゅらー」である私の応援日記です。

2020年04月

このブログでは永井みゆきさんの愛称を2014年末までみゅーちゃんとしておりました。
これはファンサイトで私が呼びかけ募集した中で唯一賛同票があった「ミュー」からきているものでしたが
まったく定着することもなく、2015年からはみゆきちゃんへ(笑)
もちろんみゆきちゃん中心のブログなのですがみゆきちゃんと共に
頑張っている若手歌手の話題もどんどん記事にしていきますよお~

楽園堂から愛を込めて

先日工藤あやのさんのインターネットサイン会も行った
楽園堂さんが精力的に歌手の方々の動画を
YouTubeチャンネルに公開されています。

CDショップも今はキャンペーンが出来ないので
なんとか歌手の方々のアピールしていただこうと
頑張ってますね~

テイチクからは小桜舞子さんに続いて
あさみちゆきさんも岩手から中継?出演です。

演歌・歌謡曲の専門店 楽園堂




今はお店にお客さんもあまり来ていただく訳にもいかず
通販が主流だと思いますが
ぜひ永井みゆきさんの最新動画もお願いしたいですて

岩手から愛を込めて

都道府県別の新型コロナ肺炎の感染者数で

東北6県と新潟はまだ二桁で死亡者0となっていて

一方北陸の富山、石川、福井はいずれも感染者数が三桁で
死亡者も出ています。

これが背景なのかこんな宣言がされました。

「東北・新潟緊急共同宣言~ 心をひとつに故郷を守ろう ~」

外出については
東北・新潟県の圏域内での往来や
関東・関西方面等他地域との往来,旅行・帰省等を含め,
都道府県をまたいだ不要不急の移動の自粛をお願いします。
また,クラスターが多数発生している,
繁華街の接待を伴う飲食店等への外出自粛については
特に強くお願いします。

地域で緊急共同宣言をして強固に取り組む姿勢で
うーん、まあしょうがないか

ところで今日本で唯一感染者が出ていない岩手県ですが
おそらく現在全国の都道府県で行っている
人との接触を8割減らそうという取り組みが
元々最初から出来ていたからではないのかと推測されて

全国岩手県化が現在の日本の希望の光な訳ですけど

そんな岩手から愛を込めて

あさみちゆきさんが
YouTube チャンネルを開設しました。

知らない方もいるかもしれませんが
ちゆきちゃんは現在岩手に住んでいるんですよ

まずはご挨拶と近状も語られていますね

あさみちゆきチャンネル



合掌

新型コロナ騒動でブルーな心の状態なので
あえてこれまで記事にはしていなかったのですが
訃報も次々と発表されています。

まず編曲家・前田俊明先生の訃報

脳に腫瘍が見つかって治療されていたそうです。

沢山の演歌の編曲をされていて
永井みゆきさんもデビュー当時から
沢山の持ち歌の編曲をしていただいています。

最近猪股先生の編曲が増えた理由のひとつは
前田先生が入院されていたからなんですね

少し前ですが映画の 大林宣彦監督も肺がんで亡くなられました。

大林監督の場合は余命告知も発表されていて
ずっと更新しながら2本も映画を撮られていたのでね

でも「この空の花 -長岡花火物語」も撮られていたので
長岡花火中止の発表と重なり
まさかこのタイミングでと県民もWショックでした

そして新型コロナウイルス肺炎で亡くなられた芸能人として

志村けんさんの時も驚きでしたが
今回の岡江久美子さんも

初期の乳がん治療中に新型コロナウイルス肺炎に感染だそうで

コロナウイルス恐ろしいです。

岡江さんの女優として活躍ももちろん覚えてますが
やはり「はなまるマーケット」での
薬丸裕英さんとのコンビの司会の好印象が強いですね

薬丸さんといえばフリーアナの住吉美紀さんも
新型コロナウイルス肺炎にかかったそうですが

みゆきちゃんが昔在籍していた事務所のメンバーの名前が
コロナ関連ニュースで出てきて
徐々にみゆきちゃん達も危険な状態になってきている感じがします。


亡くなられた方々へ合掌。

小市民

コミカルソングの嘉門タツオ(嘉門達夫から改名)さんが家にこもって発信している

嘉門タツオ 公式チャンネル

今はコロナに負けるな!シリーズを次々公開されています。
最近はやはり仕事がない不安からか怒りのメッセージもありましたが

タツオさんらしい歌も公開されています

名曲「小市民」コロナに負けるな!編


らしくない?応援ソングも

PRの復習

以前記事にしたこともあるのですが
TVでPR戦略の話しをしていました。

世の中にはPRという商売があるそうで

例えばキシリトール入りのガムが売れたとして
ガムのメーカーが自社製品を宣伝して売り出すのはPRではなく

健康番組とかでキシリトールの効能をアピールするのがPR
しかもPR会社に依頼しているのはガムメーカーではなく
キシリトールのメーカーだったりするそうな

新聞で例えると広告欄ではなく
記事になっているところがPR部分だそうです。

これをこれから新曲を発売する永井みゆきさんに置き換えて考えてみると

テイチクが新曲「雨の越後路」を宣伝するのはPRではなく
歌っている永井みゆきさんの良さをアピールするのがPR

新聞雑誌の記事となるとインタビューの中でも
新曲と関係ない部分の話が実は非常に大事と考えます。

TVではなかなか発言する機会は少ないと思いますが
ラジオでは若手もベテランもお話することも多いのでね

新型コロナ拡大で現状はラジオ出演が生命線みたいなものですが
よく爪痕と言いますが、皆さんの心に響く一言でも残せて
好感を覚えていただければいつか次の機会に
そういえばあの時の人って

特にラジオ番組のリスナーは番組ゲストには
好感を持って意外と応援してくれるものですて
プロフィール

みゆきシンクタンク

ギャラリー
  • 永井みゆき 2021年全曲集
  • キャプテン糸原 1軍復帰へ
  • あの夏の日の午後
  • キャプテン糸原実戦復帰!
  • タカ・タカアキの歌謡ショウで逢いましょう
  • 球児 今シーズンで引退
  • 藤浪初勝利!
  • 他社うさぎ組のインターネットサイン会
  • バラード
記事検索
頑張れ!!!「レインボーうさぎ組」!
アーカイブ
  • ライブドアブログ