お別れ終列車(表)お別れ終列車(裏)
01.7.25

お別れ終列車」                    C/W「雨の酒場
作詞:たかたかし                    作詞:たかたかし      
作曲:伊藤雪彦                     作曲:伊藤雪彦   
編曲:前田俊明                     編曲:前田俊明  

永井みゆき テイチク移籍第一弾シングルです。

伊藤先生の曲調はこれまでのみゅーちゃんの曲とはガラリと変わり
いかにも本格演歌って感じに仕上がりました。

タイトルのお別れはソニーに向けてでしょうか

当時みゅーちゃんはラジオで「歌うヘッドライト」土曜日を
担当していたのですが前作「恋花火」から
新曲はまだ?なんて声があがりはじめた頃に
衝撃の移籍発言がみゅーちゃんの口から

すでにレコーディングも終えて発売日も決まっていて
明るくあっさり言ったみゅーちゃんでしたが
水面下での移籍騒動にどれほど悩み苦しんだことか
考えただけで胸が痛くなります。

移籍をきっかけにこれからは本格演歌を歌いたいと
たか先生に懇願したみゅーちゃん

それまでアルバムしか買わなかった私もこれから
シングルを欠かさず買うようになりました。


そしてこの曲はみゅーちゃんに私を覚えていただく
きっかけになった思い出の曲なのです。

「歌うヘッドライト」土曜日のニュースのコーナーは
ニュース担当の平山さんがホークスファンで
みゅーちゃんがタイガースを応援していたので
プロ野球の結果の時は互いに贔屓のチームの勝敗で
やりました~残念~っと一喜一憂が名物にもなっていました。

(当時はどちらも弱かったのでね~番組終了から2年後?
       まさかこの2チームが日本シリーズで争うなんて)

最下位独走の阪神でしたがオールスター直前に
連夜のサヨナラ勝ち

赤いリストバンドの若虎たちがダイヤモンドを
次々と駆け抜けて(赤星、藤本、沖原だったっけな?)

その時♪サーヨナラね サヨナラね~赤いランプの~走る~と
「お別れ終列車」の歌詞が脳裏に浮かびひらめきました!

こうして生まれたのが「サヨナラ阪神快速」です。

適当に曲をつけて歌ってみて下さいとハガキで番組へ送って
見事採用!
みゅーちゃんがアカペラで歌ってくれたのですよお
うれしかったなあ~

初めてみゅーちゃんと話した銀座の即売会でも
阪神の応援歌をと話したら覚えていてくれましたて

お別れ終列車


「お別れ終列車」歌詞
当時底抜けに弱かったからね~

現在はなめられることはないけれども

赤いリストバンドの赤星選手をイメージすれば

阪神ファンなら納得?








「サヨナラ阪神快速」

なめてかかるんじゃなかったと 相手ベンチの悔やむ顔

サヨナラやサヨナラや 今日のヒーロー誰やねん?

風をきり土が舞う 赤いリストの若トラ駆ける