先日の永井みゆきさんからの生電話で
バラードを歌い上げるみゆきちゃんが観たいと
来年の周年のステージでぜひバラードをとお願いしてから

こんな曲がいいのでは?と
あれやこれや聴きまくる日々です。

そもそもバラードが何かよくわかっていない私ですが(汗)

色々な考え方がありますが
私はみゆきちゃんに他の歌手の方とかが
誰も歌わないような名曲を見つけて歌って欲しいと考えていて

ひょっとしてオリジナル?と思ってもらえるような
みゆきちゃんの声質ならではですが

これまでもこのブログで紹介している曲もありますが
何曲かあげてみました。


倉橋ルイ子さん「ラストシーンに愛をこめて」

発売当時は本当にいい曲だと言われていた印象はあるのですが
それほどヒットはしなかったようです。

その後中山美穂さんがカバーして
美穂さんのドラマの最終回のエンディングにも使用されました。
しかし美穂さんはその後オリジナルでいい曲に恵まれたので
「ラストシーンに愛をこめて」はあまり知られていないようですね。
カラオケではどちらのバージョンも歌えますが
倉橋ルイ子さんの方がよく歌われているようです。

倉橋ルイ子 「ラストシーンに愛をこめて」


やしきたかじんさんの「あんた」

今は亡きたかじんさんも沢山いい歌を歌っていて
カラオケでも人気曲が多いですが
女性歌手ではやはり交流のあった天童よしみさんがよくカバーされてます。

この「あんた」も主人公は女性の名曲ですが
ちょっと他の曲に埋もれて、カバーされることも少ないみたいです。
ネットではあの さんタク の明石家さんまさんと
木村拓哉さんのコンビがカバーした映像がありました。

やしきたかじん 「あんた」


河合奈保子さんの「ハーフムーンセレナーデ」

大阪の誇るスーパーアイドル河合奈保子さんが
アイドルを卒業してシンガーソングライターとして
踏みだした自作曲の「ハーフムーン・セレナーデ」
これが紅白で歌った最後の曲だったようです。

当時嘉門タツオさんとMBSラジオの「ヤングタウン」を
やっていて聴いてましたが

この曲イメージとしては長い曲で、
奈保子さんの歌唱もTVでは思い入れが強すぎるのか、
感情込め過ぎたのかちょっと硬めで
聴いていてお腹いっぱいって感じになって
名曲と言われた割には思った程のヒットにならなかったと思います。

その後時が経って中国?台湾?の方々がカバーしていて
男女タイプの違う歌唱で人気曲にもなっているようです。
日本の歌手の方でのカバーはまだないみたい

河合奈保子 「ハーフムーン・セレナーデ」


太田裕美さん「青空の翳り」

ここまではちょっと切なく苦しい感じの歌ばかりでしたが
太田裕美さんこの曲は翳りを明るく力強く吹き飛ばすような歌唱です。
アイドル的存在からシンガーソングライターというと
裕美さんもそうです。
この「青空の翳り」は自作曲ではありませんが。

太田裕美 「青空の翳り」


太田裕美さん「君と歩いた青春」

裕美さんもう1曲は伊勢正三さんの風のカバー「君と歩いた青春」
この曲の主人公は男性なので、こちらも意外にパワフルに歌っています。

太田裕美 「君と歩いた青春」