みゆきシンクタンクのなみゅらー日記N

全国のみゆきちゃんファンの皆さんへ こちらは歌手の永井みゆきさんのファン 「なみゅらー」である私の応援日記です。

ステージレポ

このブログでは永井みゆきさんの愛称を2014年末までみゅーちゃんとしておりました。
これはファンサイトで私が呼びかけ募集した中で唯一賛同票があった「ミュー」からきているものでしたが
まったく定着することもなく、2015年からはみゆきちゃんへ(笑)
もちろんみゆきちゃん中心のブログなのですがみゆきちゃんと共に
頑張っている若手歌手の話題もどんどん記事にしていきますよお~

~作詞家たかたかしの世界~第2部

~作詞家たかたかしの世界~

第2部の内容は軽食付きで
たか先生と歌手の皆さんとの懇親会ということでしたが

私的にはたか先生にファンの皆さんからの質問とか
受け付けるのかなあと思ってまして
今回みゆきちゃんとの出会いを語ったたか先生でしたが
「大阪すずめ」の話はされなかったので
ぜひ「大阪すずめ」誕生秘話を聞きたいと思いましてね
「希望の星」も出てくるんだろうなあ~

さあ第2部の入場です。
会場はテーブルでいくつか島が出来て
パンやお菓子の軽食と飲み物
椅子は端に並べられていて立食パーティという感じです。

ステージからまたまた社長さんの司会で第2部懇親会スタートです。

各歌手の皆さんとファンの皆さんでツーショット撮影とかしてねと
社長さんの呼びかけだったのですが

我々みゆきちゃんファンのグループは
みゆきが一番さんと一途さんが前の方のテーブルを確保してくれたのですが
みゆきちゃんが後ろの即売コーナーのあたりから
なかなかこちらに来てくれなくて

ならばこちらからと第1部ではプレゼント出来なかったので
いつもの梅酒を持ってみゆきちゃんの元へ

皆で後ろの方へ行くとちょっと珍しいポーズをとってくれました(笑)
IMG_6798-1


第1部は先生と後輩の目の前で先輩の歌を歌うという
かなりのプレッシャーの中いい仕事してましたのでね~
解放されて思わず小躍り?
玉ちゃんに毒されたかなあ~(笑)

で、ツーショット撮影が始まった途端に
ステージの社長さんからみゆきちゃんの呼び出しが

これからたか先生とみゆきちゃんによるデュエットで
「浪花恋しぐれ」を歌うそうで

たか先生からは録音禁止の申し入れが(笑)
IMG_6810-1
IMG_6816-1


新発田城址公園や、十条ライブでもやった台詞部分で
“先生が日本一の作詞家になるまでは~”
“嘘つけ~”
の掛け合いを期待したのですが
今回は台詞部分も普通に歌われてましたのでちょっと残念(笑)

続いては清水君とファン代表の女性のコンビで「麦畑」
なかなか楽しい方だったようで(笑)

それからタケさんとファン代表の女性による「別れても好きな人」
タケさんファン若いなあ~
なんかいい雰囲気ですて?

続いてはたつる君
第1部から衣装替えというか脱いできました(笑)

たつる君はファンの男性?による
「今夜は離さない」
なかなか歌の上手な男性の方で
社長さんにスカウトされるのではと思いましたが(笑)

でここで社長さんが新人のたつる君に何か歌わせようと
選んだのが「さそり座の女」
ディナーショーで歌ってましたからね~

もう1曲歌唱はたつる君自ら選んだ
あおい輝彦さんの「あなただけを」

なるほどなかなかいい選曲ですが
途中でタケさんが参加してきてさらには社長さんまで(笑)

勢いに乗る社長さんが続いてのサプライズを
なんと!たか先生のマネージャさんが歌が上手いと
「ベサメムーチョ」の歌唱ですて

さらにはご自分も自慢の喉を披露(笑)
社長さんで「想いで迷子」

二人ともホントに歌が上手でしたて~

で、この間に我々のテーブルまで来てくれたみゆきちゃんと
ツーショット撮影をと思っていたのですが
これがなかなか回ってこない?
私の前で横から次々とお姉さま方が割り込んで(汗)

O野マネージャからごめんねと言われて
まあ、ひょっとするとみゆきちゃんを応援してくれるかもしれない
方々なのでね~どうぞ、どうぞと

しかし、2回、3回と割り込まれ続けると
これはお姉さま方になめられてるのかなあ~

という訳で次のみゆきが一番さんと一途さんに順番を代わっていただくと
おっと、もう回ってきましたよ(笑)

さて、第2部もいよいよ大詰めです。

最後は全員で歌おうという社長さんの言葉に
皆さんで合唱と勘違いの方続出で
何を歌おうかと悩みはじめると

なーんだ出演者全員でしたて~(笑)

歌は五木ひろしさんの「倖せさがして」で出演者全員バージョン

IMG_6839-1


これにて終了~で解除閉鎖前にCD即売会へ
みゆきちゃんにサインしていただいて
たつる君とも新潟市の者ですがということで少しお話できました。

さて、この第2部ですけれども
結局なんだかよくわからないイベントでしたが
よくわかったのが一番浮世離れしてたのが社長さんだということと

おそらくテイチクミュージックの忘年会とかは
アットホームなこんな雰囲気なんだろうなと思いました。
多分O野マネージャさんも歌わされてる(笑)

最後にその社長さんとも少しお話できました。

ステージではたか先生は沢山ヒット曲があるので
また次回を開催したいとおっしゃっていたので
ぜひ、ということで次回は「大阪すずめ」の話を、
特に明石家さんまさんも大好きな3番の歌詞の
についてたか先生に伺っていただきたいとお願いしましたので

次回も楽しみだなあ~


~作詞家たかたかしの世界~第1部

先週末にテイチクミュージック主催の
「~作詞家たかたかしの世界~」へ行って参りました~
IMG_6791-1

IMG_6794-1

会場はお馴染みのJ-SQUARE SHINAGAWAです。

昼食を東京駅、品川駅でも食べ損ねてとりあえず
会場を確認してどこかに食べに行こうと
私が会場前に着いた時はすでにお馴染みの顔の方々が
並んで待ってました(笑)

このイベントはたか先生による
先生の数多いヒット曲にまつわるお話を聞くのがメインなのですが、
もうひとつのお楽しみは
たか先生は永井みゆきさんの恩師であり、
清水博正君の歌手デビューの際にもお力を尽くされましたし、
今回デビューした桜川たつる君も含めて
たかファミリーによるたか作品の歌唱もあるステージとなってまして
楽しみにしてました。

イベントは1部と2部とに分かれてまして、1部は撮影禁止ですが
2部はファンとの懇親会で撮影OKとのことです。

会場に入ると新曲CDに清水君の本の即売コーナーがあって

今回司会はテイチクミュージックの社長さんが務めました。
たつる君のディナーショーの様子ではかなりおしゃべりは得意のようです。
たか先生は反対にペラペラ話す方ではないので
まあいいコンビではないでしょうか(笑)

社長さんによるとたか先生はお酒が入ると実に面白いお話が
次々と出てくるので今回のイベントを企画したらしく
本当はお酒を飲んで話して欲しかった位とか

最初に社長さんからレコード会社と歌を作る作詞、作曲、編曲の先生の
関係についてお話がありましたが昔はレコード会社専属の作家陣で
あっちのレコード会社が歌手をこんな歌で売りだすのなら
こっちはこの歌手にこういう歌を歌わせて売り出そうと
レコード会社別に色分けがはっきりしていたそうです。
で、作家の方々とかは浮世離れした方が多くて
そうでないといい作品は生まれないとのこと

ステージにはまずは25周年の永井みゆきさんが登場です。
中学生の時にたか先生に内弟子に入り
どんな修行をしてきたかというと歌を歌うにはまだ早いと
歌詞を読むことと、礼儀作法に奥様のお手伝いをしながら
エプロンにウオークマンを入れて先輩方の歌を聴きながら
勉強していたとか

そしてみゆきちゃんの呼びかけでたか先生が登場です。

実はたか先生とみゆきちゃんの出会いは
ソニーの方々にたか先生が大阪に連れられて行って
面白いものを観ようと行った先で
みゆきちゃんの歌うところを見せられたのだとか
先生曰くニコニコニコニコ笑って笑顔のいい
まるでお人形さんのような娘だったそうですが
この時にみゆきちゃんの歌声に惚れこんだたか先生に
速く東京へ送り出したいということで
みゆきちゃんを預かって欲しいと頼まれたという経緯だったそうです。

関西演歌大賞のみゆきちゃんをなんとか歌手にしてあげようと
レコード店の方々がご尽力下さったという話はよく聞いてますので
その過程でソニーからデビューさせるにあたって
当時は事務所の社長さんが預かって礼儀作法とか躾けることあったそうですが
演歌なので、作家の先生に弟子入りさせたいということで
たか先生に白羽の矢が立ったのだと思います。

さて、たか先生の名曲でみゆきちゃんが歌ったのは
美空ひばりさんの「おまえに惚れた」

う~ん、ひばりさんとは別物ですが
まるでみゆきちゃんの歌のようですて

この歌は当時ハイレベルな歌を歌っていたひばりさんを
カラオケ向きの歌を歌ってもらって一度庶民の皆さんの元に
降りていただこうというコンセプトで作り上げて行ったのだとか

続いてステージには清水博正君も登場です。
清水君はNHKのど自慢のグランドチャンピオン
この時審査員だったたか先生と弦哲也先生とで
何とか清水君を歌手にしようと
そして生まれつきハンディを背負って生きてきた
清水君はきっと深い哀しみの歌が歌えるはずと
デビュー曲「雨恋々」を作ったのですが
実際に清水君に会ってよく話してみると
実は凄く幸せな家庭で育った明るい子で
たか先生曰く階段から転げ落ちたような衝撃を(笑)

さて、清水君は美空ひばりさんの「裏窓」を歌いました。

これもね~女唄も歌える清水君なので
これまた自分の歌のように歌ってましたて~

で、続いて登場がタケ・ウケタさんです。

まず歌ったのが西城秀樹さんの「情熱の嵐」

タケさんの歌声初めて聴きましたがなかなかいい声です。

この歌は当時郷ひろみさん、野口五郎さんと共に
大スターだった西城秀樹さんのキャラクターを
決定付けた歌でスタッフ皆で色んなアイデアを
出しあって作っていったそうです。

えーとタケさんは芸歴は長くて劇団ひまわりの子役から
アイドル歌手デビューもした経験もあるそうで
俳優としても活躍されているそうですが

社長がたか先生とお酒を飲んだ時に最後に行ったお店で
初めてタケさんの歌を聴いたそうでその歌声に惚れこんで
今度テイチクからCDを出すことになったのだそうです。
たか先生はタケさんとは前から知り合いだったそうです。

続いて登場はデビューしたばかりの桜川たつる君です。
デビューCD「東京の女」のジャケットの衣装です。

たつる君の歌唱は坂本冬美さんの「風に立つ」

ディナーショーでも歌っていましたね~
たか先生の歌では一番好きなのだとか

この歌は冬美さんが恩師の猪俣先生やお父様が亡くなられて
辛いことが続いた時期に励まし自ら奮い立たせるような
イメージで作られたそうです。

さあ、一巡です。

続いてはみゆきちゃんの出番

歌唱は坂本冬美さんの「火の国の女」

冬美さんも野太い声ではありませんが
凄みというか迫力ある歌い方もできるので
みゆきちゃんの歌い方とは別物なのですが
今回のみゆきちゃんはちょっと違う?
やっぱり先生の前だから?気合入ってるのかなあ
いいなあ~みゆきちゃん!

たか先生もこういう歌を歌えるようになったんだなあという
25年は無駄に過ごしてなかったとお褒めの言葉がついつい
嬉しいんでしょうね~

さてこの「火の国の女」は冬美さんのデビュー曲「あばれ太鼓」
「祝い酒」と続いて第3弾でと作って用意していたそうですが
まだ早いということで後回しになったのだとか

続いては清水君

歌唱は川中美幸さんの「ふたり酒」

ちょっと清水君にはどうかな?と思ったのですが
この歌の歌詞は男性側からなので
ぴったりでしたて(笑)

さて、この歌はしあわせ演歌と呼ばれ
たか先生が演歌の作詞でも認められた記念の曲のようです。

続いてタケさん歌唱は

出た!松崎しげるさんの「愛のメモリー」

これは流石にキーを下げて歌われてましたが
声は綺麗なのでね~
とはいえやはりどうしてもオリジナルと比べてしまうので
ちょっと可哀そうでしたが

この曲でたか先生は作詞家だけで食べて行こうと決心したそうです。


続いては桜川たつる君

歌唱は増位山太志郎さんの「夕子のお店」

まあ、若いのでね、頑張って歌いました(笑)

この歌は社長さんがディレクター?時代に
初めてたか先生と組んで作った歌で

当時増位山さんが相撲界定年で
歌手として再出発する際に0からよりはということで
増位山さんのかつての大ヒット曲から
夕子をどうしても入れたいということだったそうです。


さあ続いてはみゆきちゃんです。

次は美人系ということで
歌唱は伍代夏子さんの「ひとり酒」

これもね~みゆきちゃん良かったですて~
お酒の歌もすっかり似合うようになってきました(笑)

この歌は時代背景的にはバブルの後の不景気の中
庶民の皆さんのお酒の飲み方が変わったということも
あったそうですが伍さんが歌うとちびりも
せこくない華やかな感じで色気もあっていい感じになったそうです。

で、たか先生からはみゆきちゃんはお酒が結構好きらしいと
みゆきちゃんは(ちびりではなく)“はい、私はゴクゴクです”と(笑)

いよいよたか先生作品でお酒の歌もいただけそうな雰囲気でしたて~


続いて清水君

歌唱は松原のぶえさんの「蛍」

こちらはたか先生から聴いてみたかったとリクエストを
受けてのことのようですが、清水君いいですね~
まあ松原さんオリジナルとはもちろん別物ですが

たか先生は松原のぶえさんを本当に歌の上手い人で
まだまだどんどん活躍して行って欲しい方だとおっしゃってました。

続いてはタケさん

歌唱は五木ひろしさんの「倖せさがして」

タケさんで初めて演歌って感じの曲を聴きましたが
やはり歌謡曲向きに思いました。
ウが
この歌は木村好夫さんの曲が先にあったそうで
五木さんならではの歌唱もあって大ヒットしたそうです。
たか先生は木村さんの曲が大好きで
曲が沢山入ったテープもいただいたそうですが
探しても出てこないと嘆いてられました。

さあ、続いてはたつる君です。

歌唱は池田一男さんの「最後の恋人」

まあ、たつる君らしく振付も派手に
こういう曲の方があってるとは思うのですが

池田一男さんは歌手になる夢をずっと持ちながら
鉄工所をされていたそうですが
奥様を亡くされたから鉄工所をたたんでプロ歌手の道へ
還暦過ぎてからの情熱に打たれてたか先生も応援することに
最後の賭けのプロアマ問わないテイチクオーディションに
見事に結果を出してこの「最後の恋人」で再デビュー
NHKの歌番組にも出演出来てこれからという時期に
病で倒れて帰らぬ人に

この時に池田さんのマネージャをされていたのが
たつる君だったのです。
語られませんでしたがこのJ-SQUARE SHINAGAWAでのイベントも
目前だったのでね、きっとたつる君もデビュー後にここで
たか先生のイベントに参加させていただけるのは
特別な想いがあったと思いますよ。

実はたつる君が歌手を目指していたことは
社長さんもずっと知らなかったのだそうです。

その後はたか先生の付き人を経て
見事メジャーデビュー果たした訳ですが

そうそう、あれほどデビュー前はたつると呼び捨てしていた
社長とたか先生も今回はたつる君と呼んでいました(笑)

第1部の最後は出演歌手の皆さんおひとりひとり最新曲を披露です。
いずれもたか先生の作品です。

2月22日発売の清水博正君10周年記念曲「人生一番」
人生一番
清水博正
テイチクエンタテインメント
2017-02-22



4月19日発売の永井みゆきさん25周年記念第2弾「蛇の目小紋の女」
たか先生自ら平尾昌晃先生に作曲をお願いした名曲です。
蛇の目小紋の女
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2017-04-19



6月21日デビューしたばかりの桜川たつる君デビュー曲「東京の女」
東京の女
桜川たつる
テイチクエンタテインメント
2017-06-21



8月発売予定のタケ・ウケタさん「美しき狼たち」
こちらはかっておぼ たけしさんが歌い
劇場版アニメ「あしたのジョー」の主題歌だった名曲です。
実は社長さんが初めて聴いたタケさんの歌がこの歌だったとか

続いてステージに出演者全員あつまって
ひとりひとりが本日の感想を

真っ先にコメントしたみゆきちゃんは
先生に“いいひと出来たか?”と聞かれて
本日の先生のファッションは奥様が選ばれたとかで
いいなあと思ったそうで、そんな素敵なカップルになれるような方を
“現在募集中です”に
“(嫁に)いかなくていいんだよ”と先生思わず本音が(笑)

最後にたか先生へ花束とプレゼント贈呈

これにて第1部終了~っ!

たか先生のお話は実に興味深いものが多く、
流石社長さんです。上手に聴き出してくれました。
みゆきちゃんと清水君の歌唱も凄く良かったなあ~
たつる君はやはり振付が派手なタイプの曲がいいかなあと思いました。
タケさんもいい声しているので楽しみで
清水君のファンはいつも通りですが
タケさんとたつる君の女性ファンは若いですね~
驚きましたて~


ここで会場作り直しの為一旦皆さん退場です。
2部でもCDが販売されるのを確認して外へ

純烈どんどん!母の日は玉ネギッコ?

本日は快晴の新潟市でしたが
恒例の古町どんどん
に行ってきましたよ~

今回のステージはYuccaさんが来られないので
目玉は純烈ですね


純烈は古町7番町、6番町、5番町の順で予定されていて

私が7番町に着いた時にはすでに始まっていて
友井さんが変身ポーズをとっていました。
オレンジローソン前には大勢の人が集まって
楽しんでましたね~

結局新曲を聴けなかったので
今回は6番町のレポとなります。

7番町の曲目はおそらくこんな感じ

新曲「愛でしばりたい」


「ふたりで一緒に暮らしましょう」後上翔太さん
「純烈一途」友井雄亮さん
「星降る街角」
「言葉足らずのメロディ」


さて6番町のステージまでは時間があるので昼食タイムです。
DSC_0390-resize
DSC_0392-resize


今回はこんなものに+生ビールで(笑)
DSC_0399-resize
スパイラルウインナー

DSC_0402-resize
ホルモン焼きそばととん汁

さて、いよいよ6番町のステージです。

やはり年配の方々が多いのですが一部元気よさそうなお兄さん達が?

DSC_0405-resize
無難な写真ですいません(笑)

純烈 本日はアルビカラーのオレンジ地に黄色柄の上下スーツ黒シャツ衣装

全員がステージに登場して

1曲目は新曲「愛でしばりたい」


メガホン振付は楽しいですて

ここからお馴染みの
地球の平和を守っていたメンバーの
変身ポーズ入り自己紹介

え~と普通の地球人は後上さんおひとりに減ったみたいだなあ

純烈は今回は5人のメンバーでした。

そして新曲「愛でしばりたい」はこれまで通り
白川裕二郎さんがメインボーカルですが

カップリング曲で他の4人のメンバーがメインボーカルを
務めているそうです。

ということで
2曲目「六本木は嫌い」小田井涼平さん

でこの間にコーラスメンバーがステージから降りて
観客の皆さんと握手を

私は白川さんと友井さんと酒井さんと握手出来ました(笑)

3曲目「純烈一途」友井雄亮さん

ステージに誰もいない状態で
友井さん客席での歌唱からステージへ

小田井さんはステージから降りていて
観客の皆さんの後ろから純烈フラッグ?を振りながらの
パフォーマンスです。

再びステージに全員揃って
一部の元気のいいお兄さん達の応援が話題に

最初から盛り上げてくれてましたが
あの方々は夕方ステージのNegiccoの応援の方々だそうで
NegiccoTシャツを着ていましたね~

後上さんから我々は玉ネギッコですからという発言が(笑)

4曲目お馴染みカバーの「星降る街角」

いやあ~盛り上がりましたて~

最後はこの古町どんどん出演のきっかけになった
「言葉足らずのメロディ」なのですが

ここで酒井さんから今晩放送の「新BS日本のうた」出演の告知で
重大な発表が

今回は母の日特集で母にまつわる歌を
歌手の皆さんが歌うそうですが
純烈には家族への感謝の「言葉足らずのメロディ」を
歌って欲しいと依頼があってこれを歌ったのが
放送されるそうです。

「言葉足らずのメロディ」のPVは
古町の国際映像メディア専門学校の
i-MEDIA映画プロデュース科・テレビ制作科の学生が
全面協力していまして、
各メンバーが古町5番町の子として
家に帰ってきた設定となっています。

これは楽しみだなぁ~

5曲目「言葉足らずのメロディ」


いやあ楽しいステージでした。

酔いが回ってきたので最後の5番町は観ませんでしたが
おそらく酒井一圭さんも「大阪ロマン」歌って
PVのお父さんお母さん達もいますし
きっと盛り上がったことでしょう!



永井みゆき新曲「蛇の目小紋の女」西新井大師キャンペーン 

GW中は村上2大さかな祭りの後には本業の方も

西新井大師の永井みゆきさんの歌唱キャンペーンへ
遠征してきましたて~

Maxとき314号に乗って上野から常磐線で北千住
東急スカイツリーラインで西新井ー大師前駅へ

なんとかたどり着いてそれにしても毎回迷うなあ~

DSC_0352-resize

みゆきちゃんの出番は14時半で
まだちょっと時間があったのでちょっと散策へ

IMG_7467-resize

露店のおばちゃんが杜このみちゃんだから大勢なのって話してましたて

IMG_7466-resize
明日は子供の日かあ

IMG_7468-resize
IMG_7469-resize
りっぱな藤棚もあって

IMG_7465-resize

のどかですね~



 IMG_7470-resize

ちょっと表に出てみましたが
IMG_7473-resize
IMG_7472-resize
だんご屋さん?にも来店の

本日のテイチクかわいい組はこのメンバーです
IMG_7463-resize

このみちゃん、清水博正君のステージ後は
いよいよみゆきちゃんということで会場の光明殿へ

IMG_7475-resize

京都Mさんに一途さんにK女史
かねごんの父さんはもういい場所を取ってるらしいとのこと
Abechan333さんはべっぴんの娘さんと一緒にと
お馴染みの顔ぶれも揃ってきましたが
みゆきが一番さんとかだんじり柏さんもいないなあ~

ということで“もうないでしょうか”に出る人は
じゃんけんで決めますかみたいな話をしている内に
みゆきが一番さんがみゆき十八番(仮)さんとやってきました。
これで、人数は揃ったかなあ

本日はピーカンで日差しがジリジリ紫外線も強そう
そして大分暑くなってきました。

清水君のツーショット撮影会が終わって
ステージ下のテントにみゆきちゃんが到着です。

イントロが流れてさていよいよ永井みゆきさんのステージです。

1曲目歌唱は25周年記念曲第2弾新曲「蛇の目小紋の女」
ショートバージョン

IMG_7514-resize

ご挨拶

IMG_7527-resize
本日はジャケットのお着物で参りました。

“いかがでしょうか~”

新曲の説明の後に
一途さんが切り込んでプレゼントコーナーに
“もうないでしょうか?に応えて”
みゆきが一番さん、私、京都Mさんと並んで

お花、お菓子に混じって私は危ないお酒を (笑)

2曲目歌唱はデビュー曲「大阪すずめ」

みゆきが一番さん達のすずめちゃんコール

16歳でデビューから年齢ネタに

みゆきが一番さん達の「にじゅうきゅう~」の後

検算で笑いを取ったみゆきちゃん

今回はさらに追加で後輩のお話が、これは新ネタになるみたいです。

IMG_7519-resize

続いては今年初めに発売の館山PRソング「ふるさと館山」について
故郷の岸和田に似ている話とか

3曲目歌唱は「ふるさと館山」

続いての「地吹雪情話」の時の地吹雪体験ツアーの体験談

IMG_7541-resize

4曲目歌唱は「地吹雪情話」

最近ずっと気になっているのですがやっぱりフリが小さ目かな

新曲即売会で25周年記念の25枚のコスプレ写真
プレゼントのお話


5曲目歌唱は新曲「蛇の目小紋の女」フルフルバージョン

IMG_7651-resize

この後みゆきちゃんの即売会、ツーショット撮影会となりました。

かねごんの父さんの話では
2500円でポスターがおまけに付くそうなので
「蛇の目小紋の女」と「ふるさと館山」を購入
これでポスターにサイン色紙2枚、ツーショット券2枚
コスプレ写真2枚ゲット

ここで「すずめでヨイショ!」の管理人さんの
愛のパラシュートさんと久しぶりにお会いできました。

そういえば凄いみゆきコールする人がいましたが
管理人さんだったのかなあ?

ツーショット撮影会の後は
清水君に洋服のこのみちゃん、次が出番の藤野さんと
テイチクカワイイ組勢ぞろいで記念撮影が始まりました。
その後我々も撮らせていただきましたが
大勢のカメラマンの頭の間からやっとの思いで、
みゆきちゃんこのみちゃんの母子ショット狙って
特にこのみちゃんの洋服姿は貴重ですて

本日のみゆきちゃん
笑顔のステージではありましたが
強い日差しにやや強めの風なのでちょっと辛そう
最初から調子が上がらないままに終了した感じです。
今回はTVも入ってスケジュールがタイトな感じもするのでね
新潟では普通に歌えていたのでちょっと心配ですて。

夏美を探せ!「2017inSANPOKUさかなまつり」川野夏美 

GW恒例の「SANPOKUさかなまつり」に
行って参りました~

いつもならみゆきちゃんの「笹川流れ」を聴きながら
愛車を走らすのですが

今回はルートを変えまして
高速で朝日まで行って山側から山形県境近くから
海側へ戻ることにしたのですが

山で聴く「笹川流れ」もまた乙なもので(笑)

思っていたより車が多くてね飛ばせなくて焦った焦った

なんとか「川野夏美歌謡ショー」
午前のステージの10分前位に到着しました。

IMG_6479-resize




IMG_6480-resize
カニ行列


IMG_6481-resize
会場入口 やはり人が多いです

IMG_6558-resize

IMG_6482-resize
勝手に汲んで飲んで下さいの大洋盛樽酒も恒例

IMG_6559-resize
IMG_6496-resize
親子連れも多くて

IMG_6500-resize

もう毎年のように来ているので見慣れた光景が多いのですが
今回は遅かったのでもうお魚は売り切れみたい?

IMG_6504-resize

さばきコーナーは最後の大賑わい

IMG_6483-resize

入口脇の薄暗いステージ前にも沢山の人が
もう恒例なのでね
732のジャンパーのお馴染みなっちゃん会の皆さんも
大勢いらしてました~

IMG_6486-resize

灯光器が点いていつもの司会のお姉さんがステージで注意事項の説明です。

でいよいよです。

入口からなつちゃん登場!

ドラマチック艶歌になって重厚なドレスの衣装の多いなっちゃんですが
最近のここのステージの衣装は軽装で
それは午後の部に備えてのことかも(笑)

今回は黒地に白っぽいベージュ?花柄のワンピース?で
短い袖口から房の飾り?がぶら下がってる衣装です。

ご挨拶代わりの1曲目歌唱はお馴染みの「きょうさい音頭」

さんぽくさかなまつり2012 059-1

手拍子手拍子!

改めてご挨拶のなっちゃん
今年もこの日を楽しみにしてやって来ましたと

2曲目歌唱「女の空港」
女の空港
川野夏美
日本クラウン
2013-03-06


先日のNHKのど自慢ゲスト出演の話で
のど自慢には津久見高校時代に制服で出場したことがあるそうです。

3曲目歌唱「利尻水道」
利尻水道
川野夏美
日本クラウン
2007-12-05



※洋服での歌唱です

4曲目歌唱
港町恋唄
川野夏美
日本クラウン
2006-08-09



※洋服での歌唱です

なっちゃん故郷が舞台の歌です。

ここで大先輩の歌のカバーですが
海や港をテーマにこのステージでは1曲に
絞ったそうです。

5曲目歌唱は北原ミレイさんの「石狩挽歌」

ミレイさんは 凄くやさしい先輩で
よく手作りの美味しい差し入れをいただくそうです。
 
6曲目歌唱大勢の人に支持されて
飛躍した代表曲ドラマチック艶歌「悲別~かなしべつ~」
悲別~かなしべつ~
川野夏美
日本クラウン
2013-11-06


なっちゃんは
スタッフの方が名付けてくれたドラマチック艶歌を
最初はまだ自分には速いかなと思っていたそうです。

7曲目歌唱「九官鳥」のカップリング曲
「ひまわりとタンポポ」
九官鳥
川野夏美
日本クラウン
2016-05-11


手拍子になっちゃん会の皆さんの
リズムにのせてのなっちゃんコールに
つられて観客の皆さんからもなっちゃんコールを(笑)

ここで恒例の花束贈呈
今回はカニせりのお兄さんから花束で

カニせりの業務連絡も(笑)

8曲目歌唱新曲「オホーツク海岸」
オホーツク海岸/歌手~singer~
川野夏美
日本クラウン
2017-03-08


午前の部終了~っ!

この後は即売サイン会でしたが
瀬口さんもそうでしたが今回は新曲シングルCDのみでした。

DSC_0350-resize

で、午後の部までに昼食を

IMG_6494-resize
いかエビが焼けてが香ばしく

IMG_6495-resize

IMG_6551-resize
今回もエビ串とフランクフルト(笑)
IMG_6543-resize

IMG_6545-resize


IMG_6547-resize

いつもの変わらぬのどかな風景なので

今回はなっちゃん大漁旗コレクションです。

IMG_6487-resize
IMG_6490-resize
IMG_6491-resize
IMG_6492-resize
IMG_6511-resize

さて、午後の部はおさかなも売りつくして
ステージの集まる買い物のお客さんはおりません。
ここからはさかな祭りスタッフの皆さんと
なっちゃんの歌を聴きたい人ばかりのステージとなります。

で、恒例のなっちゃんのスタイルですが
司会のお姉さんが漁師の若奥さんのイメージで現れますと
いうことで待つことしばし

うん?あの入口の側で誰かと話してる人どっかで見たような?

あれ、なっちゃん!いつの間に?

完全に同化して溶け込んでおりました(笑)


いよいよ午後の部のステージ開始です。

イントロが始まってなっちゃん登場!

歓声に拍手拍手!

ご挨拶代わりに1曲目歌唱「きょうさい音頭」

手拍子手拍子!

なっちゃん今回の衣装は
黄色のきょうさいTシャツ+オーバーオールのジーンズ
(膝とかにダメージ加工とかあるヤツ)+白い長靴+ねじり鉢巻き

IMG_6576-resize

長靴はすでにサイン入りで明豊丸さんの家宝になると思われます

デビュー当時のキャッチフレーズは
目指せ女鳥羽一郎だったとか

2曲目歌唱「悲別~かなしべつ~」
悲別~かなしべつ~
川野夏美
日本クラウン
2013-11-06

※黄色のきょうさいTシャツ+オーバーオールジーンズ
+白い長靴+ねじり鉢巻きでの歌唱です


3曲目歌唱「夜桜しぐれ」のカップリング曲
「豊後港町」
夜桜しぐれ
川野夏美
日本クラウン
2008-08-20

※黄色のきょうさいTシャツ+オーバーオールジーンズ
+白い長靴+ねじり鉢巻きでの歌唱です

手拍子にリズムにのってのなっちゃんコール
なっちゃん会主導で始り

なっちゃんの
“かけるならかけるかけないのならかけないとはっきりして”
を受けて全員参加のなっちゃんコールに!

なっちゃんのお父さんはトラックの運転手で
歌が好きで運転しながら歌っていて
仕事から帰ってくると声がガラガラだったとか

濃いめの演歌が好きだったので影響受けたらしく

4曲目歌唱は「命船」

祭小春さんの歌だそうです。

 
5曲目歌唱「おいらの船は300トン」

皆でエンヤコラセーエンヤコラセー(笑)



6曲目歌唱は海で働く人への祈りが込められた

北海子守唄
川野夏美
日本クラウン
2011-03-02



※黄色のきょうさいTシャツ+オーバーオールジーンズ
+白い長靴+ねじり鉢巻きでの歌唱です

続いて今度の花束贈呈はご家族で!
今回初?

ヒラメやカレイを獲ってるイケメンパパに
美人のママにちびちゃん3名です
ちびちゃん達も元気にご挨拶

拍手~っ!

7曲目歌唱はなっちゃん鉢巻を外しました

新曲「オホーツク海岸」
オホーツク海岸/歌手~singer~
川野夏美
日本クラウン
2017-03-08
 


※黄色のきょうさいTシャツ+オーバーオールジーンズ
+白い長靴での歌唱です

さあ、なっちゃん会の皆さんからアンコールです。

アンコールの手拍子に合わせて
なっちゃん踊り出して(笑)

アンコールに応えて歌う歌を選曲?

マネージャさんが慌てて音源を取りに行く羽目に?

その間TV出演の告知
5月はBSのサブちゃんの番組と五木さんの番組に出演します。

アンコールでの8曲目歌唱はイントロでわかりました
デビュー曲「あばれ海峡」

 ※黄色のきょうさいTシャツ+オーバーオールジーンズ
+白い長靴+ねじり鉢巻きでの歌唱です

これにて終了~っ!

この後は即売サイン会に皆さんなっちゃんと
ツーショット撮ったりとかお楽しみのひと時でした~


このブログではこれまで川野夏美さんを
なつなつとか夏美画伯、夏美先生とか色々な呼び方をしておりましたが
今回はなっちゃんとしました。

なつなつが一番多いと思うのですが
これは以前カラオケ雑誌に愛称なつなつと載っていたからで、
でも実際になつなつと呼んでる方は真木ことみさんとかの
先輩歌手のようなので








 
アーカイブ
  • ライブドアブログ