みゆきシンクタンクのなみゅらー日記N

全国のみゆきちゃんファンの皆さんへ こちらは歌手の永井みゆきさんのファン 「なみゅらー」である私の応援日記です。

番組レポ・感想

このブログでは永井みゆきさんの愛称を2014年末までみゅーちゃんとしておりました。
これはファンサイトで私が呼びかけ募集した中で唯一賛同票があった「ミュー」からきているものでしたが
まったく定着することもなく、2015年からはみゆきちゃんへ(笑)
もちろんみゆきちゃん中心のブログなのですがみゆきちゃんと共に
頑張っている若手歌手の話題もどんどん記事にしていきますよお~

「Oh!演歌ハイパー2020冬」曲目

BSNラジオ 年末特番
「Oh!演歌ハイパー2020冬」を聴きましたて~

パーソナリティは黒崎アナと華乃美幸さん

期待していた永井みゆきさんのコメントはありませんでした。
代わりに?中野小路たかまろさんがゲストで登場して
色々お話した後にたかまろさんのリクエストということで
永井みゆきさんの「雨の越後路」がかかりました~

華乃美幸さんとたかまろさんが久しぶりにお会いしたことから
話が弾んだせいかCDも1枚買った美幸ちゃんですからね~

ちょっとみゆきちゃんの話題がしぼみ気味で
私的にはリクエストコメントが読まれることもなく
黒崎アナから他の方からリクエストがあったことは
語られることもなくかなり残念でした。

逆にサプライズだったのが上杉香緒里さんの
横浜からの電話ゲスト

一部報道で歌手活動休止となってましたが
ご本人の話では子育て優先の活動となるだけで
歌手活動をやめるわけではないそうです。

4歳の坊ちゃんを預かる幼稚園とかは平日なので
土日とかは仕事が出来なくなる訳でそれで事務所に
迷惑をかけたくないことから退所だそうで
そういえば香緒里ちゃんご本人からのこの件のコメントは
これが初めてではないのかな?

ともかく現状歌手活動は行っているということだそうです。

香緒里ちゃん曰く笑顔になれる歌ということで「月夜川」ではなく
「路地裏のかおり音頭」がかかりました。



以下かかった曲目です。

細川たかしさん「北酒場」

天童よしみさん「珍島物語」

渡哲也さん「くちなしの花」

石原裕次郎さん「みんな誰かを愛してる」(西部警察エンディング)

鏡五郎さん「男富士」コメント付き

こおり健太さん「冬椿」コメント付き 

鳥羽一郎さん「兄弟船」
山崎ていじさん「酔わせて候」


中野小路たかまろさんゲスト
永井みゆきさん「雨の越後路」

水雲-MIZMO-「松竹梅」コメント付き

山本譲二さん「みちのくひとり旅」

岡ゆう子さん「望郷歌」コメント付き

ジェロさん「海雪」

岩本公水さん「しぐれ舟」コメント付き

川中美幸さん「遣らずの雨」

チョン・テフさん「冷たい雨」

ゲスト なおみあきさん
「愛の砦」「流れ星」

小林幸子さん「おもいで酒」

Miyuki(華乃美幸)さん「かんぱい酒」

田川寿美さん「楓」

高山厳さん「心凍らせて」

氷川きよし「母」

小桜舞子さん「お帰りなさい」コメント付き

Miyuki(華乃美幸)さん「銀座のサムライ」

ゲスト 越川裕子さん
「おけさ恋しや」「未練の出船」

真田ナオキさん「恵比寿」コメント付き

八代亜紀さん
「雨の慕情」「舟唄」

細川たかしさん「望郷じょんから」

電話ゲスト ゆあさみちるさん
「私の花」

青山 新さん「仕方ないのさ」コメント付き

日野美歌さん「氷雨」

美川憲一さん「新潟ブルース」

香西かおりさん「無言坂」

電話ゲスト 上杉香緒里さん
「路地裏のかおり音頭」


華乃美幸さん「釧網本線」

石川さゆりさん「天城越え」

五木ひろしさん「夜明けのブルース

新沼謙治さん「津軽恋女」

森昌子さん「越冬つばめ」「哀しみ本線日本海」

丘みどりさん「佐渡の夕笛」

吉幾三さん「雪國」

川野夏美さん「悲別」

梅沢富美男さん「夢芝居」

広畑あつみさん「冬すみれ」

中条きよしさん「うそ」

福田こうへいさん「筑波の寛太郎」

北島三郎さん「博多の女」

石川さゆりさん「津軽海峡冬景色」

「近藤丈靖の独占ごきげんアワー」永井みゆき

12/7(月)BSNラジオ「近藤丈靖の独占ごきげんアワー」に
永井みゆきさんが生出演ということで留守録で聴きましたて~

パーソナリティは近藤丈靖アナと行貝寧々アナ

近藤さんの番組には初出演です。

それもそのはず、このブログの記録では
みゆきちゃんが前回BSNスタジオ入りしたのは
10年前の「大倉修吾の縁歌劇場」以来です。
この時は大倉さんがお休みでチャーリー高坂さんが代役を務めて
みゆきちゃんの「サイレントイブ」をかけて
初めて聴いた時には思わずのけぞったと言っていたのが印象的でした。

以下みゆきちゃん出演コーナーのレポです。

「大阪すずめ」
トリプルベスト 永井みゆき「大阪すずめ/地吹雪情話/他」
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2018-02-14



近:さあ、お聴きの曲は永井みゆきさんの「大阪すずめ」という曲なんですがね
今日はなんとですね、スタジオに永井みゆきさんが来てくださっています。

ね:はい

近:永井さん今日は

ね:今日は

“今日は永井みゆきです。宜しくお願いします。”

拍手

ね:よーこそいらっしゃいました~

近:ようこそお越し下さいまして

“ありがとうございます。”

近:や、実はですね、この「大阪すずめ」
私、社会人成り立ての新人アナウンサーの時にですね

“はい”

近:番組のTVの収録を見に行きまして
で、あのー某コカ・コーラさんののど自慢の番組だったんです。

“あ、はい”

近;ゲストで永井みゆきさんいらっしゃってたんです。

“あ、はい、で前に…お会いしてますよね
そうですね、そうですよね”

近:そーなんですよ、その時に聴いてたのが「大阪すずめ」で

“なんか今歌って下さっていて凄い嬉しいです。
ありがとうございます。”

近:(笑)

ね;そんな関りがあったんですか

“はい、凄い久しぶりにお会い出来るなと思って”

近:そうなんですね、や、どうもありがとう、
まさか覚えてて下さるなんて思いませんでした。

“あ、いえいえありがとうございます。”

近:ありがとうございます。永井みゆきさんは
演歌界のスカイツリーと言われているそうですね

“そうなんですよ、身長が
今まだ伸び続けていまして(笑)”

ね:え?でももう170センチ位
おありになると聞きましたが

“そうなんですよ、
デビューした時16歳だったんですけれども
その時が164センチ位で、
今年29年目を迎えさせていただいたんですけれども
毎年何ミリかずつ伸び続けて”

近・ね:えーっ

“この年になっても2年前位に170センチを超えて
もうちょっと今あると思うんですけれども(笑)”

近:凄い

近・ね:へえーっ

近:まだ伸び続けているんですか

“はい”

ね:何か伸びる為にやっていることというのはあるんですか?

“そうですね、毎日大好きなうどんをいっぱい食べていたら(笑)
伸びまして(笑)”

近:ほーっ

“ね、これ関係あるかわからないですけれども”

近:ま、よく言うのは牛乳飲むと背が伸びるとかって

“あ、はい”

ね:背伸びするとかそういう考え方もありましたが

“でも、私結構背の高い方に聞くんですけれども
結構うどんよく食べる方多いです(笑)”

近:へえーっ、そうですかあ

ね:十年前に聞きたかったですね

近:いやいやいや、や、まだ大丈夫ですよ

ね:まだ伸びます?

“大丈夫です”

ね:もう絶対伸びないと思いますよ

近:まだ二十代前半ですから、ね

“はーい”

近:や、そして昨日はですね
岩室温泉のほてる大橋さんでステージがあったそうですね

“そーなんです。私今回新曲が新潟を舞台に
歌わせていただいているんですけれども
発売してから、やっぱり今の状況で
なかなかこちらの方にお邪魔出来なくて
初めてこの新曲を発売してから
5月に発売したんですけれども
新潟の皆さんの前で「雨の越後路」という
新曲を歌うことが出来て、もう本当に感動して嬉しかったです。
とても”

近:コロナ禍で初の新潟のステージだったんですか

“そーなんです”

近:それはそれはおめでとうございました。

“ありがとうございます。ずっと夢見ていたんですけど、
なかなか東京からも出られず、
1日も速く新潟の皆さんの前で歌いたいなという思いで、
それがかないました昨日”

近・ね:いやーっ

近:もう色んな思いがあったと思いますが


“はい”

近:いかがですか改めて

“そうですね、やっぱり皆さんが凄く
新潟の歌ということであたたかく応援して下さっていて
昨日はですね、歌詞の中に越後湯の里ってあるので、
皆さんがそこをちょっと変えて歌って下さいよ
何て風に言って下さったりして、
そうやって歌ったりとか、凄く盛り上がって、はい”

近:それはそれは、あの
メツセージも届いております。

ね:はい、ご紹介しますね。
ラジオネーム ファイアフライさん
 みゆきさん、昨日は歌謡ショーお疲れ様でした。

“ありがとうございます。昨日来て下さった?”

ね:そうなんでしょうかね
みゆきさんの歌謡力、美しさ、お着物の艶やかさ
全て素晴らしく感動しました。
本日の阿賀町のイベントはお仕事があり
参加できませんが、またコンサートが開催されている時は
駆け付けたいと思っています。

“ありがとうございます。”

ね:もちろんファンクラブ入会は言うまでもありません

“あーうー嬉しい~(拍手)”

ね:これからも体調に気を付けて頑張って下さい。
という新潟の方からのメッセージです。

“昨日は替え歌で越後岩室って替え歌でした(笑)”

近:湯の里の部分を

ね;お客さんも嬉しいですよね
そして だんじりずむ さんも
こちらも新潟の人なんですけれどもね

“あ、はい”

ね:今日のゲスト楽しみにしております。
みゆきさんが新潟で「雨の越後路」を歌うのを
ずっと心待ちにしておりました。
初めてこちらを生で聴くことが出来ました。
しかも歌詞を岩室に替えて歌っていただいて
嬉しかったというメッセージです。

近:嬉しいですね

“そうなんです。ありがとうございます。”

近:ね、今だんじりという言葉がありましたが
大阪の岸和田ご出身で

“そうなんです。だんじり祭りも3歳から
毎年曳っぱってまして”

ね;3歳から

近:男の祭りというイメージですけれども

“そうですね~なんですけど
結構女性も皆曳っぱってまして
同じ法被を着て中に入ってって感じで曳いてるので
あんまり目立たないかもしれないんですけど
綱が凄く長くってだんじり
その真ん中あたりの安全な所で女性の方とか
子供さんとか曳いているんですよ”

近:へーっそうですか
ま、そういう所でお育ちになって、デビューからにじゅう

“29年目ですね、はーい”

近:29年、そうですか
そして今年出ましたこの曲が「雨の越後路」という曲ですね。
ま、本当に満足にキャンペーンに行けず本当に
ね、不憫でならない訳ですけど、これからどうでしょうかね
少しは増えて行きそうでしょうか

“そうですね、少しずつ歌える機会も増えてきまして
でも、本当に発売した頃が丁度一番大変な時期で
ほとんど家でお仕事している感じで、
自宅から色んな番組出させていただいたりだとか
なんか取材もしていただいて”

近:リモートで

“自宅で写真を撮ってそれを載せていただいたりとか
今までにない初めての経験でしたけど”

近:そうですか
今回のこの「雨の越後路」
ま、一言でいうとどんな曲でしょうね

“そうですね、今回は
私の師匠が作詞家のたかたかし先生なんですけれども
たか先生が新潟のご出身ということで”

近:そうですね

“新発田の月岡温泉などを先生自身でイメージして
この曲を書いて下さいまして
愛するひとと今回はちょっと切ないおんな心で
道ならぬ恋を歌っております。
忍んで二人で旅をする歌です。”

近:ま、この曲を携えてですね
今年の年末、そして来年に向けて
どんな想いがありますでしょうか

“そうですね、来年が30周年なので”

近:そうですね、
ちょっと早いですがおめでとうございます。(拍手)

ね:おめでとうございます(拍手)

“ありがとうございます。
で、本当にデビュー当時から先生の故郷ということもありますし
デビュー曲「大阪すずめ」から本当に新潟の皆さんには
あたたかいご声援を頂いてまして
ぜひ、今年はちょっとなかなか
うかがう回数が少なかったんですけど
来年は沢山新潟の方にもお邪魔をして
なんとかいい形でコンサートとか
ディナーショーとか出来るように頑張って行きたいなと
思っています。”

近:お待ちしております。

み:お待ちしております

近:来年はあのー0.5センチ位また身長を伸ばしてですね

み:そーですね

ね:(笑)

“また、伸びてると思います”

近・ね:(笑)

ね:羨ましい

近:では最後に曲の紹介をお願いします。

“はい、初めて新潟を舞台に歌っています。
今一生懸命頑張っている曲です。
永井みゆきで「雨の越後路」お聴きください。”

近:はい、来年30周年の永井みゆきさんでした。
ありがとうございました。

ね:ありがとうございました。

“ありがとうございました。”

「雨の越後路」
雨の越後路/えー、じれったい
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2020-05-20



近藤さんがみゆきちゃんに会ったことがあるとは思いませんでしたが
「大阪すずめ」覚えているあたりは流石ですて

ねねさんはそんなに背が欲しいのかなあ~

私の応援メール後でよく考えたら来年の生配信ライブの話を入れればよかったなあ~

来年30周年に向けて「北川裕二の演歌一本道」永井みゆき

インターネットラジオ「レディオガガ」
FMきたたか・FM会津
「北川裕二の演歌一本道」に
永井みゆきさんゲストということで聴きましたて~

楽しい会話でしたが北川さんの話に
私がイントネーションの慣れもなくて
聞き取りにくかったので省いたり正確でない部分も
ございますのでご了承下さい。

現在新曲「大阪なさけ川」が発売されたばかりの北川さん
意外な事実をお話してくださいましたね~


「北川裕二の演歌一本道」

パーソナリティは北川裕二さん
アシスタントはあべ尚乙美 さん

会場の小岩 音曲堂の斎藤さんも参加の公開収録です。

会場の皆さんの拍手も聴こえます。

ソーシャルディスタンスを守り、
マスクをしての収録らしいです。

OP
お盆から1ヶ月北川さんがお盆に福島へ速めに帰省された時のお話を
斎藤さんは新潟へは初めて帰れなかったとか
あべさんはお墓が地元なので

9月23日発売の田川寿美さんの新曲「楓」の話題
発売が遅れ初めての一文字タイトル
もう来年30周年になるデビュー当時の十代の制服で鞄持って来て
着替えて絣の着物で歌っていたと斎藤さん

1曲目北川裕二さん新曲カップリング
「大阪メランコリー」
大阪なさけ川/大阪メランコリー
北川裕二
キングレコード
2020-09-09


ノリのいい曲です。
コーラスで弦哲也先生参加で声が似てるって話もされてました。


あ:皆様お待たせ致しました。
今週も素敵なお客様にお越しいただきました。
永井みゆきさんでーす。

“永井みゆきです。宜しくお願いしまーす。”

北:はいようこそおいで下さいました。ありがとうございまーす。

“ありがとうございまーす”

北:今回の作品ももちろん弦先生の作品で

“そうなんです。恩師のたかたかし先生と弦哲也先生に
デビュー曲「大阪すずめ」から書いていただいているのですけれども”

北:そうですよね

“久しぶりに両先生から書いていただきました”

北:コメントもいただいておりますけれども
みゆきさんに合った曲を先生が作ったというね
癒しの声でね

“はい、そうですね、ありがとうございます。
たか先生が新潟のご出身で、今回の曲が新潟を舞台に
「雨の越後路」という曲で歌わせていただいております。”

北:戻りますけれども「大阪すずめ」をね、
凄い僕も大好きな曲です。
4年前に僕「泣いて大阪」て曲を出して
大阪へキャンペーンした時に
カバー曲で「大阪すずめ」を歌いました。

あ:(笑)

“えっ⁉えっえっ⁉”

北:大阪の名曲ってなんでしょうかと「宗右衛門町(ブルース)」と
「大阪すずめ」を歌って

“えーっ凄い嬉しいです。ありがとうごじます。幸せです”

あ:(笑)

北:とんでもないです。いい曲ですもんね

“そうですね”

北:覚えやすい歌いやすいというか
お客さんにもすっと入っていく作品です。

“そうですね、今でも「大阪すずめ」で覚えていただいていて
すずめちゃんすずめちゃんって呼んでいただいて嬉しいですね”

北:そうですよね、なんかそういうヒットした曲があれば
それがもう本当に凄い武器だし、僕らも歌って
ああ知ってるよ知ってるよというと身近に感じられるんですよね

“本当に必ずステージでも歌って、
最初にいただいた曲でもありますし、
凄く大切に歌っている宝物の曲です。”

北:振り返りますと何年になりました?

“それが今年で29年目を迎えさせていただいて”

北:凄いな

会場拍手

“そうなんです。ありがとうございます。
ちょっとびっくりしちゃいますね本当に(笑)”

北;じゃあ16歳からでも30歳なんだね

“そうなんですよ、すみません。デビューが16歳で
高校1年生の時でした。はい”

北:あ、高校生だったんだね

“そうなんです。田川寿美ちゃんと同期で同級生で”

あ:ああそうだったんですね

北:先ほどね、田川寿美さんの話してましたが

“そうなんです。だからいつも学校一緒に行って
途中で学校抜けて二人とも制服でお仕事に一緒に行くってこと
多かったですね”

北:あ、そういうこともいつもあったんだ。

“はい”

北:悪いことはしなかった?

あ:(笑)

“凄く真面目に(笑)いやいやいや
凄い真面目に暮らしておりました(笑)”

北:何やってもいいかなと思ってね、
お二人さん共に真面目だったんでしょうね

“そうですね(笑)”

北:学業と歌と

“でも、本当にデビューして急にやっぱり
学校に行けなくなったりしたので、
デビューしてからが学校の時間が大事に思えるようになって”

北:あ、逆にね

“だから本当に学校真面目に通って、
行けることが幸せというか、
やっぱり全国お邪魔をして歌うことが
演歌の世界って多いので行ける日は嬉しくて(笑)”

北:だから普段やっていることは当たり前と思うんだけど
えも出来ないとなった時に改めて必要だなと思うんでしょ

“そうですね~後、夜行列車で、テストの時に
テストを受けてお仕事があって、新潟でしたか、歌いに行って、
で、夜行列車に乗って次の日のテストを受けるのに帰ってきて、
で、又テストを受けて、歌いに行ってみたいな感じの時も
ありましたね~”

あ:勉強は出来たんですか?

“勉強は…”

あ:(笑)

北:(笑)出来たとか出来ませんとか言えないでしょ

“でも、あまり出来なかった(笑)
でも、それが夜行列車に乗って、テスト勉強をしようと思って
教科書を開いてやってるんですけれども、
あの、電車の揺れが凄く気持ちよくって、
読んでるうちに直ぐ寝ちゃうんですよ(笑)”

あ:(笑)

北:あれ不思議だよね、新幹線でもそう、
なんか雑誌とか見ていると眠っちゃってるから、
僕なんかよだれ垂らすからね

“(笑)”

あ:それはちょっと(笑)

“本当に全然勉強出来なくて、電車は出来ないんだなってことを
学びましたそこで、あの揺れに”

あ:テストですよね

“そうですね、なんかもう勘で(笑)
解いてましたその時は(笑)”

北:そっか、あべさんの言う勉強出来たか出来なかったかは
頭の出来が良い悪いではなくて
時間の出来るか出来ないか、勉強ねそっちなんだ御免なさい
具体的に言わないとわからない

“(笑)”

あ:ホントですよね、日本語ってね、難しいです

北:勉強する時間がなかった、出来なかった

“そうですね、だからもう夜行列車の時は
その前にちゃんとやっとかないとダメだなと
絶対寝ちゃうなと、次からは電車の中では寝て、
その前に勉強するようにしました。(笑)”

北:でも何だろう、両立って楽しかったように思えるんですか?

“そうですね、同じ堀越高校の1年先輩で細江真由子さん
当時は細江真由子さんで今、みずき舞さんもいらっしゃって、
同じ年にデビューさせていただいたので、
本当に同期の方が3人学校にいて、後は演歌の方だけじゃなくて
アイドルの人とか、当時は光GENJIなんかとかSMAPさんとか
いらっしゃったりして、楽しかったです。”

北:凄いね

あ:ちなみに通信簿はどんな成績?(笑)

“通信簿はですね、大体5で とか(笑)”

あ:(笑)

“だったらいいんですけどね(笑)”

北:そうね、大体そうでしょ

“ややや、どうでしたかね(笑)”

北:ああみゆきちゃん達はね
僕は甲乙丙だから

あ:えーそんな(笑)

“(笑)”

北:嘘嘘嘘
昔はそうだったみたいね甲乙丙

あ:あホントですか、三つですね

北:や、なんか四つって言ったな
聞いたら甲乙丙丁かな?
まであったって話聞きました。

“へーっ”
あ:へーっ

北:ま、僕らも5段階でしたけどね

“あ、一緒ですね(笑)”

北:あの多分良かったと思いますよ

あ:そうでしょう

“いやいやいや”

北:能ある人はこう爪を隠すから
はい私って言わないですよね

“いやいやいや”

北:そういう感じしますよね
頭良さそうだってイメージで御免なさいね

“あ、いえいえいえ”

北:そう思いました最初会った時

“全然そんなことはないんですけど”

北:ほら、いいです。
こういう優しいじゃないですか
歌も聴いてね、癒されるんですよ

“ありがとうございます。”

北:僕はそう思ってましたから
なんかこうすっと引き込まれるようなね、
だから気持ちも優しいんだなと昔から思ってましたけれども

“や、嬉しいです。(笑)”

北:でも相変わらず細いですね

“そうですね、デビューした時は164センチ位で、
それでも結構大っきかったですけど
それから毎年伸び続けて、身長が、
はい、ついに2年前に170センチ超えまして
私170センチ以上あるんですよ”

あ:凄いですねー

北:負けた俺

あ:伸び続けるって

北:2センチ縮みましたもん

“(笑)”

あ:(笑)

北:脊椎狭窄症でダメで
72あったのに病院で測ったら69.8だった

あ:えーっ

“そうなんですか”

北:がっかりしましたよ

“いやあ”

北:一緒に立ったらみゆきちゃんの方が大きいや

“そうですかね”

あ:後靴もね、あるから余計にまたなっちゃうんですね

“私今日はヒールない靴なんですけど
いつもヒールの出来るだけない靴で(笑)
どんどん大っきくなっちゃうんで
着物の時も草履を低い、
皆さんより低い草履を履いているんですよ(笑)”

北:そうか、まだまだ育ち盛りですね

“(笑)”

あ:(笑)

北:みゆきさんでございますが
今回もたかたかし先生、弦先生のね
いい曲でございます。
改めてご紹介お願い致します。

“はい、初めて新潟を舞台に歌っております。
永井みゆきで「雨の越後路」お聴きください。”
雨の越後路/えー、じれったい
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2020-05-20


あ:この番組はFMきたかたFM会津レディオガガを通じて
東京の音曲堂オープンステージより
全国の皆様にお届けしております。
今週のお客様 永井みゆきで
「雨の越後路」聴いていただきました。

北:いいですよ

“ありがとうございます。”

北:なんか引き込まれました、声にね

“はい、ありがとうございます。
ちょっと今回はたか先生にこういう世界を
書いていただくのは初めてだと思うんですけど、
愛するひとと新潟へ旅をするんですけど、
道ならぬ恋といいますか切ない女心を今回は歌っております。”

北:提灯一つじゃなくて二つなんだね。

“はい、そうですね”

北:お互い持って歩いて

“忍ぶ恋”

北:人目を忍んでね

“はい、”

北:闇を飛ぶ、素晴らしいね

あ:死ぬも生きるも二人は一緒って

“はい”

あ:詞の中ではねこうなんですけど、
このでも、たか先生が

“はい”

あ:これは実はでも歌と一緒っていう
みゆきさんにとってはって意味ですか?

“そうですね、そういう風にコメントを先生が書いて下さっていて
あの、私もちょっとびっくりしたんですけど、
そういうお話したこと私なかったと思うんですけど、
先生が私デビュー当時から出来れば夢としては
はやく結婚をして、で、結婚をしてからも
歌は続けて行けたらいいいなって夢をずっと語ってたんですけど
それなのに今、まだ結婚出来ていなくって(笑)
で、それを先生が、まっきっと、もう結婚をあきらめて、
歌が恋人だと思ってるんだろうっていう風に(笑)
そういう風にコメントを書いて下さってるんですけど、
私まだあきらめてないんです(笑)”

あ:(笑)

北:それを今度たか先生に言ったらいいじゃないです

“いつも言ってるんですけど、
多分先生はいやもう無理だと思ってるんじゃ(笑)”

北:やっぱりそれだけみゆきさんには
長く歌の世界で頑張って歌ってもらいたいという
やっぱり親心じゃないかなと思いますよね

“嬉しいですね(笑)”

北:みゆきさんはそういう変なことしない
女の人だと思うから


あ:変なこと?

“(笑)”

北:変なこと、変なことね、
だからまっすぐな歌い手、だから歌に
だから歌が恋人というそういうニュアンスなのかなと
思うんですけどね


“じゃあこれからそう言いましょうかね(笑)”

北:そうだね、出来たらいい人いたら結婚しますってね。
いいですよ、これ、何だろ、声が何だろな
やはり癒されますよね

“あ、そうですか、ありがとうございます。”

北:聴いててそう思いました。

“この曲をいただいた時に
凄い歌い応えのあるメロディというか、
前奏からアレンジの方も盛り上がる
スケールの大きい”

北:ど頭ね

“はい、アレンジをしていただいて、
なので結構レコーディングの時に力が入って、
あの、熱唱みたいな感じになってしまったんですね。
そして歌っていたら弦先生が
や、この曲は主人公の女性は強い女性じゃないからね、
切ない女心を大切に、
抑えて歌うんだよとアドバイスをいただいて
そこをポイントに大切に歌いました。”

北:これ頭ちょっとゆったり目なんだけど、
同じ文字が真ん中後半にちょっと入るんだね、
いのちいのちいのちとその辺の歌い方も気を付けないと
思いますけれどもね

“ここは本当に弦先生ものレッスンをしていただいて、
3回いのちて言葉を歌い分けるということで
1回目のいのちは語尾を短く、
2回目のいのちはちょっとたっぷりという感じ
3回目のいのちにちょっと想いを込めてという感じで、
♪いのち いーのち いのち ってような感じで
歌い上げるんだよって”

(会場拍手)

“(笑)あのアドバイスをいただきました”

北:毎週言ってるんですが知るか知らないかで大違いだからね
こういう歌い方を覚えてやっていれば絶対違いますもん
表現がね

“宜しくお願いしまーす”

北:いいアドバイスを言って下さって
ホントありがとうございます。

“いえいえありがとうございます。”

北:まあ、いい歌はみんなたっぷりですね
この曲もね、いそがずに

“そうですね”

北:ゆったり目にね、歌ってもらうのが最高ですよね。
逆にカップリングの「えー、じれったい」こっちも

あ:ね、なんか面白い

北:これ演歌じゃないですよね。感じとしては

“これは、そうですね、
ちょっとノリの良い歌謡曲っぽいと言いますか
でもちょっと粋な感じもあって、
で、3つのじれったいお話から出来ている曲なんですけど、
凄くくすっと笑ってしまうようなお話?
1番だったら若い奥さんが浴衣の裾がちらちらと
着物の裾が風に揺れてちょっとちらっと見えるのをみて
若い男性達がじれったいというような(笑)”

あ:あーなるほど

北:見せるならはやく見せてよみたいな

“そういう歌詞だったりとか、後、2番は
修行中のお小僧さんが道に迷っちゃって
何を聞いても泣いてばかりで答えられなくて
えーじれったいという(笑)”

北:あーはいはい、はっきり言ってよみたいなね

“はい、というようなとても楽しい曲ですね”

北:なるほど江戸三景ってね、
江戸の中の3つの景色があるってね
そういうじれったいですね

“はい、聴いて下さい”

北:という訳でね、色んな形で配信しておりますので、
聴きながら、ぜひ観ていただきたいと思います。
今日はありがとうございます。
もう時間ですか?

あ:もう時間ですか?まだまだあれですけど
今週は永井みゆきさんをゲストに迎えてお送りしています。
次はエンディングです。

エンディング

あ:さ、今日はありがとうございました。

“ありがとうございました~”

あ:ま、このご時世ですから
皆様にメッセいーじとまた改めて
時間と日付を教えていただければと思うんですけど

“はい、本当にたか先生と弦先生に素敵な
「雨の越後路」という曲を書いていただいて
大切に来年30周年に向けて歌って行きたいと思います。
皆さん応援宜しくお願いします。
そして、配信ライブは9月28日夜7時からです。
ぜひ配信ライブの方も皆さん宜しくお願いしまーす。”

あ:宜しくお願いします。

北:はい、そういう訳でぜひぜひ応援の程宜しくお願いします、

あ:はい、ありがとうございます。

お便りの宛先と北川さんあべさんのスケジュール告知


北:今週のお相手は北川裕二と

あ:あべ尚乙美と

“永井みゆきでした”

北:どうも

3人で:ありがとうございました~
(会場拍手)

今週最後の曲
作曲家 弦 哲也 音楽生活55周年記念アルバム
「旅のあとさき」から「深谷宿ひとり旅」
旅のあとさき
弦哲也
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2020-04-29

歌える幸せを噛みしめながら「中倉真梨子のWith You」永井みゆき

8/11放送のABC朝日放送ラジオの
「中倉真梨子のWith You」のレポです。

話す内容はこれまでの出演番組と被りますが
久しぶりのスタジオでのインタビュー収録で
故郷大阪ということもありますし
みゆきちゃんなんかウキウキした感じでしたかね~

さらにパーソナリティが中倉真梨子さんなのでね
前回みゆきちゃんゲストの時も
小学生の時に「大阪すずめ」を歌っていたとおっしゃって
盛り上がってましたからね~

「中倉真梨子のWith You」

Tea for two
ここで素敵なお客様をお迎えしております。
永井みゆきさんです。
おはようございます。

“おはようございます。永井みゆきです。
宜しくお願いします。”

お願いしま~す。嬉しいです~。
お越しいただいて~。

“ありがとうございます。”

お待ちしておりました。

“私も嬉しいです。”

お会い出来て良かったです。
あの~大阪は久しぶりになるんですかあ?

“そうですね、すっごく久しぶりです。
こんなに大阪に来なかったことはなかったと思います。今まで”

デビュー以来、こんなに期間が開いたのはもう初めて

“そうですね、実家にもこんなに帰れてないのは(笑)”

そうですよね、大阪の岸和田市ご出身でありますけれども

“そうですね、けっこう大阪の仕事が多くて、
デビュー当時から、故郷なので、
それがね、今年は2月に地元できしわだ歌謡祭というのがありまして、
それ以来なんですよ。”

だからその生で永井みゆきさんへお会いする機会も
ファンの方々も、そこからなかったということですよね

“そうですね、ずっと東京にいました(笑)”

ですよね、おウチ時間が凄く長かったと思うんですけれども
何かされていました?

“そうですね、でも私、けっこう、
この皆さんおウチで過ごされている時間も
新曲の準備だったりとか、
新曲が発売になってからは、自宅でやるお仕事が増えまして”

えっ!どんなことをされていたんですか?

“あの、ホントにこういう番組に、
普段だと実際お邪魔してこうやって出演させていただくじゃないですか、
でも自粛期間中は自宅から全国の番組に
電話とかで出演させていただくっていう仕事がほとんどで”

はーっ、はい

“なので、ずーっとおウチで電話で(笑)お仕事”

もう自宅が仕事場になって、
まさにリモートワークのような

“そうなんですよ、で、取材とかも電話でお話を聞いていただいて、
写真は自宅で、自撮りでとか(笑)
その写真を載せていただいたりとか”

(笑)実はバックは自分のおウチの背景という

“そうなんですよ、白壁とか、カーテンとかで
何枚も写真撮って(笑)
色んなバージョンを”

やりにくいとかはなかったですか
電話で出演とかは

“そういうのはあんまりなかったんですけど
でも、なんか不思議な感じですよね、
家でずっとそういう番組に出演させていただくって
なかなかね、ないので”

いままでないことですよね~

“なんか毎日家にいるんですけど
そういう番組に、全国の、色んな番組に出させていただいて
なんか不思議だなと思いながら、
でも、ひとつ良かったことといえば
普段なかなかいけないような、
毎年お邪魔できないような場所だったりとか
そういうなかなか出演できない番組にも
電話ということで”

あー

“出演させていたただけるというのは
そういう意味で色んな番組に出させていただけたのは
幸せだったかなと思いますけれども。
でも歌が歌えなかったので”

そうですよね

“それが一番、ね、寂しかったです。”

おウチでは歌われたりとかしてたんですか

“そうです、家では歌えるんですけれども
やっぱり新曲が発売になったら
お客様の前で歌いたいなって想いは強くって
でも5月に発売して、初めてお客様の前で歌えたのが7月”

はーっ

“2ヶ月、でも7月後半、2ヶ月以上経ってから
やっと歌を聴いていただくことが出来て、
本当に改めて、皆さんに歌を聴いていただける、
皆さんの前で歌える幸せを噛みしめながら歌ってますね”

その新曲なんですけど5月20日発売「雨の越後路」
こちら新潟を舞台にした歌なんですね

“そうです。初めて新潟を舞台に歌わせていただいてまして
デビュー曲「大阪すずめ」と同じ作詞がたかたかし先生で
作曲が弦哲也先生です。はい”

どんなお気持ちですか

“そうですね、今回はたか先生にちょっと
道ならぬ恋の世界を書いていただいてるんですけど”

大人の世界ですね

“はい、そうですね、
こういう世界を先生に書いていただいたのは初めてで”
凄く切ない女心で、
で、弦先生には歌い応えのあるメロディを書いていただいて、
けっこう前奏からドラマチックに、こうダダーンって感じで
始まるんですよね

壮大ですよね

“はい、スケール大きい感じなので、けっこう歌に入った時に
こう、気持ちが盛り上がって歌い込んでしまうんですけれども、
で、熱唱し過ぎてしまうんですね、
そうするとレコーディングの時も何回か歌っている内に
先生方が や、この曲は強い女性がテーマじゃないからね(笑)
主人公の女性は切ない女心だから(笑)
それ忘れないでねという、あのー、アドバイスというか、
ご注意を何度も受けまして、また何回か歌うと
また盛り上がって熱唱してるっていう、
そういうことがありました(笑)”

そこをグッとこらえて

“そうですねー”

気持ちを押し殺して歌っているような

“そうですね、抑えながら、でも盛り上がりながらですね”

えーっ

では、早速聴いていただきましょう。
では、曲紹介お願いします。

“はい、永井みゆきで「雨の越後路」お聴き下さい。”

雨の越後路/えー、じれったい
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2020-05-20



永井みゆきさんで「雨の越後路」でした。
もう鳥肌が立ちますね

“あ、ありがとうございます。”

でも、レコーディングもやっぱり
今までとは違った雰囲気、形だったと思うのですけどいかがでしたか?

“そうですね、皆さんホントに消毒して密にならないようにって感じで
今までと違った緊張感のある中でのレコーディングでしたね。
もうPVとかも本当にギリギリで撮ることが出来て、
はい、で、お寺でね、撮らせていただいたんですけれども、
春なんですけれどもね、関東のお寺で撮ったんですけれども、
雪が降ったんですよ”

春の雪

“季節外れの、はい、それで前日に雪が降って、次の日も積もっていて、
で、これ「雨の越後路」なのに「雪の越後路」になってしまうってことで(笑)
スタッフの皆さんが雪を入れないように、どうやって撮ろうと
凄く苦労して撮って下さったんですけど、
もう本当に寒くてガラガタ震えながら歌ってました。MV”

はーっ、そんな裏話が、
観るとこれは寒かったんだなと(笑)

“そーですね(笑)ちょっと寒そうだと思います。”

皆さんとね、これからお会いする機会も
沢山増やしたいですよね

“はい、やっぱり生で歌を聴いていただいて、
この曲のいい所を感じていただいたら嬉しいですよね~”

そしてこれからのスケジュールなんですけれども
お会いできる機会っていうのはありますでしょうか?

“そうですね、これからのスケジュールは
テイチクレコードのHPで
ぜひ、チェックしていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします。”

で、来年30周年を迎えられますよね

“そーなんですよ”

そのカウントダウンの節目になりますけれども

“はい、そうですね、そういう大切な1年ということで
たか先生と弦先生に書いていただいて、
この「雨の越後路」という曲をいただいたので、いい形で
30周年に繋げられるように「雨の越後路」で頑張って行きたいなと、
後、新潟の方でまだ歌えてないので新潟にも
ぜひ伺ってこの曲を歌いたいなって想いもありますし、
来年30周年はやっぱり故郷、大阪で
ディナーショーとかコンサートとか出来るといいなという
想いで頑張って行きたいと思います。”

沢山永井みゆきさんにお会い出来ることを願って
楽しみにしております。
では、最後にリスナーの皆さんにメッセージを
お願いします。

“はい、初めて大好きな新潟を舞台に
歌わせていただいておりますけれども
本当に切ない女心を心込めてこれから
大切にこの「雨の越後路」歌って行きたいと思います。
ぜひ、故郷、関西の皆さん、聴いて歌って応援して下さい。
宜しくお願いします。”

ありがとうございました。
今朝のTea for two
お客様は永井みゆきさんでした。
ありがとうございました。

“ありがとうございました。”

女性の憂いを感じる「たかまろ、ひろえの痛快!楽笑ラジオ」永井みゆき

7/19のレポです。

BSNラジオ「たかまろ、ひろえの痛快!楽笑ラジオ」で
永井みゆきさん電話インタビューということで
聴きましたて~

パーソナリティは中野小路たかまろさんと松井弘恵さんです。

オープニング

た:達者でいたけ~

直前まで生放送されていたBSN夏ラジオに
たかまろさん来年は出たいって目標が出来たって

たかまろさん松之山温泉で久しぶりの講演をされたそうです。
新型コロナ対策でフェイスガードつけてだったとか

緊張してしゃべれるか心配したけど
しゃべり出したら止まらなかったそうです(笑)

~CM~

ひ:さあいよいよこの後ですよ、たかまろさん

た:そーですう

ひ:永井みゆきさんにご登場いただく訳なんですけど
永井みゆきさんのデビュー曲たかまろさんも大好きな曲ですし
多分ラジオ聴いている方も好きな曲だと思います。
お送りしたいと思います。
永井みゆきさん「大阪すずめ」

「大阪すずめ」
トリプルベスト 永井みゆき「大阪すずめ/地吹雪情話/他」
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2018-02-14


ひ:お送りしている曲は永井みゆきさんの
「大阪すずめ」です。
永井みゆきさんとお電話がつながっています。
たかまろさーん呼び掛けて下さい
どーぞー

た:みゆきちゃんー

“はい、永井みゆきです。宜しくお願いします。”

お願いします。たかまろでーす

“いつもいつもありがとうございます。
宜しくお願いします。”

ひ:宜しくお願いします。
みゆきさんお久しぶりです松井弘恵です。

“あ、お久しぶりです。お願いします。”

ひ:あの、みゆきさん、たかまろさんがね
私の目の前で真っ赤なポロシャツを着てらっしゃるんですけど
それに負けない位のお顔の赤さが(笑)
私ちょっと見てられなくって

“(笑)ホントですか”

ひ:私ちょっと永井みゆきお面を作ったんですけど
それかぶりながらやらせていただきたいと思いますので

“えー(笑)ありがとうございます(笑)”

た:俺の目の前でみゆきちゃんがいるんだから、

“(笑)”

た:もう心臓ばっくんばっくんだて

ひ:たかまろさんもぜひこの機会に
色々お聞きになってくださいよ

た:そうよ、いくぜ、俺から先いっていいけ、
あのー俺が一番気になっているのはさ
やっぱりみゆきちゃん今独身じゃん、ねっ、
だから色んな所で質問受けているんだろうけれども
みゆきちゃんの好みの男性というのはどういう
タイプなんだ

“好みの男性はですね、たかまろさんみたいな(笑)
いや、でも、本当に”

た:上手だなあ

“明るい感じというか、私大阪岸和田出身なので
お祭り大好きな方?だんじり祭りを曳いて育っているので
お祭り男のような明るい方が好きですね~”

た:あーやっぱりなあ
いや俺もこの質問したら
きっとみゆきちゃんからの答えは
たかまろさんみたいなってな
そういう返事がかえってくるだろうと思いながら質問したんよ今

“あら~じゃ、完璧な答えを(笑)”

た:完璧だったな
打合せしたような答えが返ってきたよ
いやあ、こういうのは嘘でも嬉しいんだて

“いやいやホントでホント”

た:おめさあわかるけ

ひ:私が言えない言葉をみゆきさんが全部言って下さいましたと思って

た:あ、そう

ひ:私は口が裂けてもそんなこと(笑)冗談ですよ(笑)

た:そうなんだ、みゆきちゃん、この弘恵ちゃんというのは
ホント冷たいところがあってな

“いや(笑)”

た:ホントそうなん、まあ、そうか、やっぱりね
明るい人がいいよなあ、暗いよりはなあ

“そうですね(笑)”

た:みゆきちゃんもほらやっぱりこう俺が持ってるイメージはさ

“はい”

た:ホントこrはもう俺の定番になっているけどさ
ホントに最初あった時になあ、あまりの美しさにさ
ホント この世のものとは思えない美しさ という言葉が
ホント自然にパッと出たんよ

“いやあ、もう、嬉しいですう”

た:ホントそうだったんよ

ひ:みゆきちゃんその時のことを覚えてますか?

“覚えてます。
なんかそんなこと言っていただけることないので”

た:嘘だろう

“凄い、本当に嬉しくて”

た:覚えてる?

“もちろん覚えてます”

ひ:その時は新潟弁で何か、まっ津川弁というか
えっ、何言っているかわからないとか
みゆきさんなりませんでした?
大丈夫でした?伝わりました?

“大丈夫でした(笑)”

ひ:あ、大丈夫でした(笑)

た:あの時はちゃんと今言ったように
この世のものとは思えない美しさでした
こう言ったんだれ

“はい、言って下さって、なんか嬉しいです。”

た:それでほらやっぱりね
みゆきちゃんのファンの人は皆
同じイメージ持ってるんだけれども
やっぱりおしとやかでさ、
清純でさ、そういう感じがもの凄く、やっぱり
男性から見るともの凄くそうだよ

ひ:わかります。守ってあげたいというのね

た:それそれそれそれ

“ホントですか、ありがとうございます。”

ひ:でも、たかまろさん、今回みゆきさんが
ラジオにこういう風に出演させていただけたのは
ある理由が、まっ、たかまろさんとの関係もありますけれども
今回新潟を舞台にした歌を歌われたというのが
ある訳じゃないですか

た:そうなんだよなあー、本当にありがたくてさ
ねっ本当に5月20日に新曲発売になったんだけど
題名が「雨の越後路」ってね

“はい”

た:みゆきちゃんこれ初めてだよね
新潟の歌歌ったの

“そうですね、カップリング曲では以前
「笹川流れ」って曲を”

た:あ、「笹川流れ」

“歌わせていただいたことがあったんですけど、
こうやってシングル発売させていただくことは
初めてなので、もう凄く嬉しくて私も”

た:そうなんさ、発売なってから新潟県でね
色んなキャンペーンをやる予定にしてたんよ

“そうですよね”

た:それがこのコロナの騒ぎで
それが思うようにいかなくて

“はい”

た:本当にジレンマでジレンマでホントよう

ひ:ねーっ私たちも速く会いたくて、
生で歌が聴きたいという新潟のファンの方も多いと

た:多いだて

ひ:思うんですけど
この「雨の越後路」なんですけど

“はい”

ひ:作詞作曲はどなたがされたんですか?

“デビュー曲の「大阪すずめ」と同じ
恩師のたかたかし先生と作曲は弦哲也先生に書いていただきました。”

ひ:たかたかしさんとおっしゃる有名な方ですけれども
新潟県は新発田市のご出身なんですよ、ねっ

“そうなんです。はい、
今回愛するひとと新潟へ旅をする歌なのですけれども、
道ならぬ恋を今回歌っているのですが、
たか先生からはイメージとしては先生の故郷の
新発田市の月岡温泉などをイメージして書いたんだよと
お聞きしました。”

た:あーそうなんだ

“はい”

ふ:あの、新発田というとあやめが有名なんですけれども、
あやめの色を意識してこのジャケットの紫というか

た:着物の色ね

ふ:着物の色がそんな風にも感じたんですけれども、
そんなことってあったりするんですか?

“あ、これはですね、「雨の越後路」なので
雨のイメージでブルーというか、なんですけれども、
そうなんですね、あやめが有名なんですね”

た:あやめ園というのがあってね、凄い有名なんさ

“じゃあ、これからそう言いましょうかね、あやめのイメージって(笑)”

た:そう言ってそう言って

ひ:ぜひ、新潟ではね

た:今日から

ひ:あ、今日から

“今日から(笑)えー”

ひ:実はみゆきさんへのメッセージもいただいておりまして、
新潟市○○区にお住いの○○さんという方なんですけれども

“あ、はーい”

た:知ってるよね

“はい”

ひ:永井みゆきさんと私の職場である西蒲区西川地域の
桜まつりや、時代激まつりのゲストとして
いつもよく来ていただいていました と

“ありがとうございます。”

ひ:この新曲「雨の越後路」で今頑張っていらっしゃる
ということなんですけれども、
これを縁に新潟のファンが一層増えたらいいなと思っていますと

“ありがとうございます。”

ひ:で、この○○さんはね、
歌をね、よく聴いて歌ってってことも
メッセージに書いて下さっているんですけれども
この曲の最後の所に えちご ゆのさと というフレーズがありますが、
この えちご の後○○と思いのある温泉地や、私の地元の地名とか、
お店の名前を勝手に当てはめて、即興のご当地ソングを作って
なんてことも書かれているんですね、メッセージとして

“あーいいですね~”

ひ:それで楽しまれているんですって

“あー嬉しいですう”

ひ:なので、たかまろさん、えちご なんとかって出来ますか、即興で

た:だからそれこそ、たかたかし先生が月岡って言ったじゃない、
だから ♪えちご 月岡 なさけの~しぐれ 
こうやって皆入れられるじゃん

ひ:だから今度みゆきさんが新潟へ来て歌われる時に、
そこで えちご ○○ってところへね

た:そうそうそう

“そうです、いいですね、あーありがとうございます。”

た:俺がこっそりメメメモして渡すさ

ひ:メメメモ

た:メメメモ

“メモしました”

ひ:もうしました

た:(笑)

“はい”

た:新潟県の温泉地をさ、そこにポンポンポンと入れて

ひ:そうですね、
ねえ、みゆきさん、実は私昨年リリースされた「おんな泣き港」の
実はジャケットを私お面にしているんですけれども、
この表情がたかまろさん大好きなんですって

“あ、なんかいつもそういう風に言っていただいてありがとうございます”

ひ:ちょっとこうどういうところがこの表情の、何というのか

た:女性の憂いを感じる

ひ:あ、憂いを感じるということはカメラ目線じゃないところが、なんですけど、
でも今回の「雨の越後路」はしっかりカメラ目線で、
何か目力も感じさせるような

た:そう、あー目力あるな

ひ:凛とした感じのみゆきさんを感じるんですけれども、
何か曲のイメージによってジャケットの撮る写真の
想いなんかも違ったりするんですか?

“そうですね、今回はちょっと切ない女心を歌ってはいるんですけれども
でも、相手の男性を想う女性の熱い気持ちとか
そういうちょっと芯の強さもあるので、なんかそういうイメージもあって
そういう表情を選んでいただいたのかなっていう風に、
ディレクターさんが、はい、思いますね”

た:やっぱりなんかあるんだな

ひ:たかたかしさんが、永井みゆきさん、彼女は歌中で
死ぬも生きるも一緒と言ってますが、惚れて寄り添う相手は
実は男ではなく歌なんです。っていう風にね、
歌は裏切らないからっていう風に書かれているんですけれども、ねーっ

“(笑)これは本当に私もびっくりしたんですけれども
先生が書いて下さって、でも、そういうお話はしたことないんですけど”

た:ああそうなんだ

“多分私がずっと若い時から
結婚をして歌を歌うのが夢ですというようなお話をしていたので
それなのに未だにお嫁に行けてないんで、
多分先生はそういう風にもう男性じゃなくて
歌を恋人だと思ってるんだろうなと思ってらっしゃるんだと(笑)はい”

ひ:さっまだまだお話を聞いていたいところではあるんですけれども
たかまろさん、ごめんなさいお時間なので

た:あ、もうきた

ひ:ええもうきました

た:あきゃ

ひ:(笑)

た:あと3時間くらいしゃべりたいな

ひ:あきゃ(笑)そうですよね~(笑)すいません
では、みゆきさん最後になりますけれども
新潟でお聴きの皆さんにぜひ最後にメッセージをお願いしまーす。

“はい、本当に大好きな新潟を舞台に
今回初めて歌うことが出来てとても幸せです。
あのー、この「雨の越後路」を新潟の皆さんの前で
歌える日を楽しみに頑張っていきたいと思います。
応援宜しくお願いします。”

ひ:それでは永井さんから曲紹介お願いします。

“はい、では永井みゆきで「雨の越後路」お聴きください”

ひ:永井みゆきさんでした。みゆきさんどうもありがとうございました。

た:ありがとうござました~

“ありがとうございました~”

「雨の越後路」
雨の越後路/えー、じれったい
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2020-05-20


~CM~

エンディング

たかまろさんがいきなりみゆきさんに好みの男性タイプを聞いてことに
弘恵さんがダメ出し

番組メッセージの紹介

たかまろさんの知り合いの方からとか
北海道からたまたまラジコで番組聴いて気に入った方から

たかまろ座に行った方から
永井みゆきさんをエスコートする
たかまろさんのボディーガードのような様子も(笑)

本日番組最後のたかまろさんのご挨拶

た:達者でいらっしぇや~
プロフィール

みゆきシンクタンク

ギャラリー
  • ネットサイン会で〆張鶴を熱く語る
  • 届きました~
  • 届きました~
  • サトウから結婚したNegiccoへ
  • サトウから結婚したNegiccoへ
  • サトウから結婚したNegiccoへ
  • サトウから結婚したNegiccoへ
  • 祝30周年スタートネットサイン会
  • 続 乾杯酒
記事検索
頑張れ!!!「レインボーうさぎ組」!
アーカイブ
  • ライブドアブログ