みゆきシンクタンクのなみゅらー日記N

全国のみゆきちゃんファンの皆さんへ こちらは歌手の永井みゆきさんのファン 「なみゅらー」である私の応援日記です。

永井みゆきシングル

このブログでは永井みゆきさんの愛称を2014年末までみゅーちゃんとしておりました。
これはファンサイトで私が呼びかけ募集した中で唯一賛同票があった「ミュー」からきているものでしたが
まったく定着することもなく、2015年からはみゆきちゃんへ(笑)
もちろんみゆきちゃん中心のブログなのですがみゆきちゃんと共に
頑張っている若手歌手の話題もどんどん記事にしていきますよお~

永井みゆきシングル「愛を一輪」

愛を一輪(表)愛を一輪(裏)
96.11.21発売

愛を一輪」                        C/W「友達」
作詞:及川眠子                       作詞:合田道人  
作曲:山口美央子                     作曲:都夏瑞穂                            編曲:前嶋康明                       編曲:前嶋康明   

この曲は当時のNHKラジオ「はつらつスタジオ505」で
新ラジオ歌謡として1クールは歌われていたらしいです。
みゅーちゃんサーモンピンクのパンツルックの衣装だったとか

というのも私はこの当時みゅーちゃんのシングルを買っていなくて
アルバムばかりだったので(汗)
1年に1曲ペースのみゅーちゃんでしたし
この時期にアルバムと同時にシングルカットされて発売されたのも
新ラジオ歌謡で歌われていたのも
まったく知りませんでした(汗)

ともかく初めて聴いたときはカーペンターズを強く意識した曲だなあと驚いたのと
ポップスですがみゅーちゃんの爽やかさとピッタリのいい曲との印象でした。
カーステでもよく聴きましたが聴けば聴くほど病みつきに
さらに聴きこむと歌詞も
実にいいですね~

与えられた命に感謝して
ひたすら懸命に生きていれば
人生いろいろありますが
いつか愛の花も咲くことでしょう
てな感じで若者への応援歌のようです。

ポップスなので現在でも比較的若い世代の人に根強く支持されているようです。

私はよくこの曲をお誕生日リクエストにしましたが
新ラジオ歌謡の頃はブライダルソングにも
取り上げられていたようです。

それにしても作詞がWinkの「淋しい熱帯魚」の及川眠子さん
作曲がシンセの歌姫こと山口美央子さんの
あまりにもポップなコンビなので新ラジオ歌謡はちょっと~
想像出来なかったですね~
私的には「みんなのうた」がピッタリ!だと思ったのですが


カップリングは意外とリクエストされたりして放送されると反響のある隠れた名曲ですが
今頃気がついたのですが
作詞はあの「童謡の風景」の合田さんでしたね~

愛を一輪

愛を一輪歌詞
続きを読む

永井みゆきシングル「大阪慕情」

大阪慕情(表)大阪慕情(裏)
02.10.23発売

大阪慕情」                      C/W「愛に恋
作詞:たかたかし                    作詞:たかたかし  
作曲:弦 哲也                     作曲:弦 哲也 
編曲:前田俊明                     編曲:前田俊明 

大阪すずめ」「恋する大阪」に続く
永井みゆき大阪シリーズ第3弾シングルです。

明るくノリのいい前2作と違い「大阪慕情」はしっとりと
三十路まぢかのみゅーちゃんが淡い恋を
♪雨が降るのに傘もない~
すがるあなたの胸もない~と切なく歌っております。

そしてこのシングル発売後の一年
大阪は星野阪神の劇的優勝!で燃え
いろいろお祭りソングが発売されるのですが
日本シリーズ借敗後一番大阪に似合っていた歌がこの歌でした。

大阪慕情大阪慕情
(2002/10/23)
永井みゆき

商品詳細を見る


カップリングはノリ良しゴロ良しの秀作
ちょっと男言葉のような歌詞ですが
みゅーちゃん歌声に不思議とマッチします。

ちょうどこの頃から演歌も8cmCDからマキシシングルに
変わっていった頃でしたね~

大阪慕情 歌詞
 

  

永井みゆきシングル「十九の港」

十九の港(表)十九の港(裏)
93.10.1発売

十九の港」                        C/W「恋心」
作詞:たかたかし                    作詞:たかたかし  
作曲:弦 哲也                     作曲:猪俣公章                             編曲:前田俊明                     編曲:前田俊明    

永井みゆき第2弾シングルはラブラブで元気のいい
デビュー曲「大阪すずめ」から一転
愛する男性を待つ女性と港をかけた定番ストーリーを
十九歳の女の子を主人公に
何というかちょっと切ない少女歌謡って感じ?
実は私はこの手の曲はちょっと苦手でね~
でもこの曲でみゅーちゃんを好きになった方々もいるようです。

そういえばみゅーちゃんがこの曲をTVで歌ったのを
観た事なかったのですがNHK新人歌謡コンテストに出場した時に
一回戦を「大阪すずめ」で取りにいったので
決勝で歌う予定だったのがこの曲だったと思われます。
でも「応援歌でヨイショ!」の発売も近かったのでね~
それでもみゅーちゃんならきっとこの曲を歌ったと思うなあ
結局決勝には残れなかったのだけど

カップリングはあの猪俣先生の作曲で
みゅーちゃんの宝物のひとつだね~

十九の港

十九の港歌詞

永井みゆきシングル「応援歌でヨイショ!」

応援歌でヨイショ!(表)応援歌でヨイショ!(裏)
94.9.21発売

応援歌でヨイショ!」                 C/W「触れもせず
作詞:たかたかし                    作詞:たかたかし  
作曲:岡 千秋                      作曲:弦 哲也  
編曲:前田俊明                     編曲:前田俊明   

永井みゆき第3弾シングルは元気一杯!ノリノリ演歌の応援歌

応援歌と書いて“えんか”と読みます。
タイトルもインパクトがありますが歌詞もなかなかのもの
♪夢をヨイショ!と持ち上げて~で思わず力が入っちゃいそうです。
たか先生と岡先生の顔も浮かびますね~
アレンジも音頭風でいきなりちゃかちゃか始まって
あっさり終わっちゃう感じがまた良かったりしてね(笑)

いわゆる若手としてベテランの方の前に歌うのには
持って来いの楽曲だったと思います。

ヨイショ!はファンサイトの名前にも使われていますね~

カップリングの「触れもせず」は
現在も根強い支持を受けファンの集いとかで
みゅーちゃんが歌ったりしています。

清楚なイメージのみゅーちゃんにピッタリの純愛ソング?
ゆったりとした曲調にみゅーちゃんの歌声が心地良く
弦さんの隠れた名曲のひとつですね~

応援歌(えんか)でヨイショ!

応援歌でヨイショ!歌詞

      

永井みゆきシングル「愛がこわいの」

愛がこわいの(表)愛がこわいの(裏)
96.8.21発売

愛がこわいの」                 C/W「かざぐるま
作詞:たかたかし                    作詞:森川ゆう
作曲:桧原さとし                     作曲:水森英夫 
編曲:伊戸のりお                    編曲:伊戸のりお     

永井みゆき Miyuki Nagaiの文字に
赤い背景に赤い衣装で大人っぽい表情のジャケットですね。

「愛がこわいの」はこれまでの演歌路線からちょっとひねって
踊れる歌謡曲って感じの曲ですが正直当時の私は
若いみゅーちゃんには合わないと思っていました。
大人っぽい代わりにこれでは若さを出せないかなって
結果はダンスファン支持されて?好調だったようです。

カップリング「かざぐるま」はNHK「みんなのうた」で
郷愁誘う素朴なアニメーションと共に流れました。
テーマに沿っての起用だったのでしょう。
みゅーちゃんの歌声はやはり日本の少女がここにいますでしたね~
改めて確認すると水森先生が作曲とはちょっと意外です。

個人的には次の曲「愛を一輪」も「みんなのうた」って感じなのですが




愛がこわいの

「愛がこわいの」歌詞
アーカイブ
  • ライブドアブログ